スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月27日

【フリーター向け】バイトを円満に辞めるためのオススメの理由と伝え方

タウンワークマガジン 【フリーター向け】バイトを円満に辞めるためのオススメの理由と伝え方バイトを辞めたいと思う理由は人それぞれ。中には、人間関係や会社の待遇が不満で辞める人もいるかもしれませんが、できれば円満に辞めたいもの。ここでは、バイトを円満に辞めるための退職理由と伝え方について紹介します。

伝える時期と伝え方:辞めたいと思う日の1カ月以上前に、上司に直接伝えよう

タウンワークマガジン 【フリーター向け】バイトを円満に辞めるためのオススメの理由と伝え方バイトを辞めたいと思ったら、辞めたいと思う日の1ヶ月以上前に、上司に伝えましょう。その際は、メールなどではなく、電話もしくは直接会って伝えます。相手が忙しそうにしていたら、「ご相談したいことがあるのですが、お時間よろしいですか?」と相手の都合を確認してからにしましょう。

辞める時期については、なるべく繁忙期や人手不足の時期を避けるとバイト先も快諾してくれやすいです。企業としても、バイトはいつか辞めることを前提として雇用していますので、辞められること自体が困るというケースは稀です。しかし、繁忙期のタイミングでベテランのバイトに辞められると、企業としては痛手になるので、お世話になったバイト先への感謝の意も込めて辞める時期は考えましょう。

法律上は労働者の都合での退職の場合、2週間前に申告をすればいつでも辞められますが、円満に辞めるためには、少なくともとも1ヶ月前には伝えましょう。アルバイトとして働いていた期間の長さや、就いていたポジションにもよりますが、主力となっていた人は特に、3ヶ月前など、前もって相談しておくとスムーズです。

では次に、具体的に“円満退職”となれる退職理由について解説します。

フリーターにオススメの退職理由1:やりたいことのため

企業としては優秀な人材にはずっと働いていてほしいですから、辞めると言われたら引き止められることもあります。引き止められて、ズルズルと辞めるタイミングを見失わないようにするために、退職理由についてはしっかりと伝えることが大切です。

フリーターの退職理由として代表的なのが、「やりたいことのため」というものです。フリーターは自分のやりたいことがあって、自由度の高いアルバイトという雇用形態を選んで働いていますから、この理由ならば上司も納得をしてくれるでしょう。

<トーク例>
「今までお話ししていませんでしたが、英語に関わる仕事に就きたいと思っており、語学の勉強をしていました。将来のことも考え、貿易関係の会社に就職したいと思っておりますので、◯月いっぱいで辞めさせていただいてもよろしいでしょうか?」

フリーターにオススメの退職理由2:もっと稼ぎたいから

フリーターにとっても、給料は生活の糧であり、大切な要素ですので、もっと稼ぎたいからという理由は退職理由として正当なものになります。企業としても、アルバイトは正社員よりも安い時給で雇用しているので、この理由を出されると引き止めにくくなります。あくまでも、不満や愚痴を言うのではなく、将来のためにもっと稼ぎたいという前向きな気持ちを伝えることがポイントです。すでにもっと給料の良い仕事で採用されているということを伝えたら説得力が増すでしょう。

<トーク例>
「現在一人暮らしをしており、より多くの生活費を稼ぎたいと思いますので、◯月いっぱいで退職させていただけますでしょうか?」

フリーターにオススメの退職理由3:別のスキルを身に着けたいから

先行きが不透明な時代ですから、手に職をつけたいということは多くの人が考えています。「接客業をやっているが、プログラマーの仕事に就くための企業研修を受けてみたい」「医療事務の資格を取りたい」など、前向きな理由にしておくと好感が持てますし、応援してもらいやすいです。

<トーク例>
「医療系の分野に興味があり、医療事務の資格を取りたいと思っております。勉強に専念するために、◯月×日でバイトを辞めさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

フリーターにオススメの退職理由4:就職活動に専念するから

フリーターの人でも、将来結婚をして家庭とマイホームを持つことを考えると、早い段階で正社員になっておくことが理想です。企業としても、いつまでも若者をアルバイトとして雇っておくことはできないということは理解していますので、いつかは退職されてしまうことは覚悟をしています。正社員になるための就職活動に専念するという理由も、退職理由として無難なものになります。ただ、この理由の場合は「じゃあうちで社員になってよ」と提案される場合もありますので、もし他社に行きたい場合は、バイト先での就職を断る理由まで考えておくといいでしょう。

<トーク例>
「今まで大変お世話になり、いろいろと教えていただきましたが、自分の年齢のことも考え、就職活動に専念するためにアルバイトを退職させていただきたいと思っております。○月いっぱいで辞めさせていただきたいと考えているのですが、よろしいでしょうか?」

※もし「うちで社員にならない?」と言われて断りたい場合
「お話しは大変ありがたいのですが、◯◯業界(◯◯会社)に興味があり、そちらを受けてみようと思っております。申し訳ありません」

フリーターにオススメの退職理由5:就職が決まったから

就職が決まっている場合には、正直にそのことを話しましょう。どこの会社に就職するなど、具体的な話まではする必要がありませんが、「○月○日が入社日となりますので、それまでには辞める必要があります」など、いつまで働くことが可能なのかということはしっかりと伝えておきましょう。

<トーク例>
「今までお話ししていなかったのですが、実はこの度、就職が決まりました。◯月○日が入社日となりますので、◯月いっぱいで退職させていただきたいと思います」

使わないほうが良い退職理由

タウンワークマガジン 【フリーター向け】バイトを円満に辞めるためのオススメの理由と伝え方上で紹介をした事例のように、そのまま正直に伝えても快く受け入れてくれそうな退職理由がある場合には、その理由をそのまま伝えればOKです。しかし、「面倒だから」「仕事に飽きた」など、ストレートに伝えられないような退職理由である人もいるかもしれません。そのまま正直に伝えてしまったら相手の気分を害してしまうような理由の場合は、「一身上の都合で」「家庭の事情で」など、一般的な理由にしておきましょう。

また、「人間関係」「仕事内容が不満」「待遇が不満」などの不満は、それ自体は退職理由としてよくあるものですが、企業側の努力で改善の余地がある問題でもあります。「Aさんとの人間関係が不満なら、Aさんに注意をしておくから続けてください」などと引き止めに合う可能性があるので理由にしないほうが良いでしょう。ただし、改善してもらえれば続けたいと思うのであれば、正直に伝えるのもひとつの手段です。

まとめ

アルバイトは辞めるまでが仕事ですので、在籍をしているギリギリのタイミングまでは、自分と周囲の人が気持ち良く働けるように努力をする必要があります。ポジティブな気持ちで次のステップを踏めるように、早い段階で上司と相談をして、できるだけ円満に辞められるような退職理由を考えておきましょう。時間が経過してからまたその企業を訪れる機会があっても、気持ちよく挨拶ができるような辞め方をするのが理想です。