スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年08月21日

【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例バイトを辞める理由はさまざまだけど、ネガティブな理由の場合は正直に言いづらいものですよね。そこで、気まずさナシで円満に辞めるための上手な伝え方を解説します。大学生の皆さんが、実際に「辞めたい」思っているホンネ理由も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみて!

伝えるタイミング

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例法律上は、退職の意思は退職日の2週間前までに伝えることになっています。今すぐに辞めたいと思ったとしても、あと2週間は出勤しなければならないということは知っておきましょう。

ただ実際は、2週間前に「辞めたい」と伝えても、既にシフトや予定が組まれてしまっている場合がほとんど。特に飲食店や店舗の場合は、ぎりぎりのスタッフで回しているので、アルバイトが1人辞めるだけでも、新しいアルバイトの募集や面接・引き継ぎ・シフトの調整など、多くの作業が発生します。迷惑をかけないように1ヶ月前、できれば2ヶ月前には辞める意思を伝えておきましょう。退職意思を伝える期限は、会社の就業規則で決められている場合が多いので、まずはいつまでに伝えれば良いのかを会社に確認しておきましょう。

退職日は給料の締め日にすると、会社側もお給料の計算が楽になります。研修期間や試用期間中の場合は、辞めると伝えた当日に辞めさせてもらえることもあります。

伝える相手

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例アルバイトを辞める意思は、直属の上司や店長などの責任者に伝えましょう。どんなに仲が良くても、バイト仲間や、いきなり社長に伝えるのはマナー違反。必ず直属の上司に伝えるようにします。

伝える手段

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例メールやLINEで伝えるのもマナー違反なので避けましょう。もちろん、バイト仲間に伝言を頼むのもNGです。アルバイトを辞める意思は、直属の上司に直接会って、口頭で伝えましょう。どうしても予定が合わずに伝えられない場合は、電話で伝えてもマナー違反にはなりません。

伝え方は、他のスタッフに聞かれないように、まずは「お話しがあるのですが、少しお時間良いでしょうか?」などと、時間をもらってから、「実は、◯月×日でバイトを辞めさせていただきたいと思っております」と切り出します。スムーズに辞めるための理由を、具体的にみていきましょう。

理由・言い訳のトーク例

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例アルバイトが辞めることは、バイト先もある程度承知の上なので、理由を聞かれないこともありますが、場合によっては強い引き止めに合うことがあります。聞かれたときにきちんと説明できるよう、言い方はあらかじめ考えておいたほうがいいでしょう。

理由その① 学業に専念したい

大学生の本業は学業ですから、それを理由にしてみるのが最も説得力があります。

【トーク例】
学校の単位が厳しく、このままでは卒業できる自信がありません。学業に専念したいので、アルバイトを辞めさせていただいたいと考えています。

理由その② 部活やサークル活動が忙しい

【トーク例】
サークルの部長を引き受けることになりました。今後はサークルの活動が忙しくなりそうなので、アルバイトを辞めさせていただきたいと思っています。

理由その③ 家庭の事情

家庭の事情を理由にするのも納得感があって伝わりやすいです。

【トーク例】
祖母の介護をすることになったので、アルバイトを辞めさせてください。

【トーク例】
叔父がやっているお店を手伝うことになったので、アルバイトを辞めさせていただきたいと思います。

理由その④ 就活が忙しい

大学生の場合は、就職活動を理由にするのもいいでしょう。3年生~4年生はもちろんですが、1年生でもインターンシップに参加することはできるので、就職活動を理由にすることが可能です。

【トーク例】
もうすぐ就職活動が始まります。後悔しないよう、自己分析や企業研究をする時間をしっかり取りたいと考えているので、アルバイトを辞めさせてください。

【トーク例】
就職活動のために、今のうちからインターンシップに参加したいと考えているので、アルバイトを辞めさせていただきたいと考えています。

理由その⑤ 引っ越しするため

本当に引っ越すのであれば、どうしようもない理由なので、引き止められることなくスムーズに辞めさせてもらえるはずです。ただし、もしウソの場合は、バレるとトラブルになりかねないので注意しましょう。

【トーク例】
今度、◯◯(遠い場所)に引っ越します。通勤が難しくなるので、アルバイトを辞めさせていただきたいと思います。

NGな理由

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例なかには、あまりおすすめできない理由もあります。

NG理由① 人間関係

【トーク例】
先輩がAさんばかり贔屓していて、私にはきつく当たります。精神的につらいので、アルバイトを辞めさせていただきたいです。

NG理由② 時給など待遇面

【トーク例】
時給が低くて、生活費が足りません。もっと稼げるアルバイトをしようと思うので、辞めさせていただきたいと考えています。

時給などの待遇面も、「ならば時給を上げるから、続けてほしい」と引き止めに合いやすいです。「時給が上がるなら続けてもいい」と考えているならともかく、そうでないのならおすすめできません。

NG理由③ ウソの「引っ越し」

【トーク例】
家族の引っ越しが決まりました。県外に引っ越すためアルバイトを辞めさせていただきたいと思います。

アルバイト先が家から遠い場所にあるのなら、引っ越しを言い訳にするのもいいですが、職場が家の近所にある場合は避けましょう。家の近所を歩いているときに、かつてのアルバイト先の人にバッタリと出くわしてしまうと、引っ越しが嘘であることがバレてしまい、お互いに気まずい思いをする羽目になります。アルバイト先の近くを迂闊に歩くことができなくなるので避けましょう。

大学生のバイトを辞める理由の「ホンネ」と「タテマエ」

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例さて、さまざまな辞めるための理由を紹介してきましたが、バイト先に伝える理由とホンネは違う、という場合もありますよね。では実際に、皆はどのようにホンネとタテマエを使い分けているのでしょうか?「アルバイトを辞めたい…と思った本音」と「実際に辞める時に伝えた建前の理由」を、アルバイト経験者でかつ辞めることを考えた学生188人に聞いてみました。

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例

本音はともかく「学業との両立」を理由にする!

タウンワークマガジン 【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ例「学業との両立」をバイトを辞めたホンネとする人39%に対して、建前にする人が59%というのは、“学生ならではの理由なので言いやすい”気持ちが読み取れます。「学業との両立が難しい」と言えば、周囲も納得してくれやすいし、穏便にバイトを辞めやすいと言えそうですね。

その他の学生らしい理由に以下のようなものもありました。

・資格の勉強に専念したい
・インターンや就職活動に集中したい

さて“建前”はともかく、みんなが「辞めたホンネ」の理由はどんなものがあるのでしょうか?アンケート調査から「ホンネ」として挙げられた理由上位4つの中身をご紹介します。

ホンネNo.1「仕事内容がキツイ」

・「力仕事で体力がもたなかった」(23歳/女性/人文学部)

・「仕事量が多すぎる」(21歳/男性/人文学部)

・「時間外労働が多く、社員に怒られる」(22歳/男性/理学)

・「覚えることが多かった」(22歳/女性/総合政策学部)

・「入れないのにシフトを入れられる」(21歳/女性/人文学部)

ほかにも「専門性の高いアルバイトだったので辛かった」「全フロア喫煙可能で臭いが辛かった」などの意見も。仕事内容や就労環境、シフトがキツイと、辞めたくなるかもしれないですね。上司の人柄や、バイト先の現状を考えると言い出しにくい気持ちもわかります…。

ホンネNo.2「人間関係」

・「上司との相性が合わなかったから」(20歳/男性/法学部)

・「社員とうまくコミュニケーションがとれなかった」(23歳/男性/工学部)

・「店長に陰口を言われていた」(22歳/女性/工学部)

・「女性しかいなかった」(20歳/男性/工学部)

うまくいかないとつらい「人間関係」。特に、店長や上司とそりがあわないことを直接伝えるのは、勇気がいるものです。波風をたてずに辞めたいなら、ホンネを言うのはグッとこらえたほうが無難ですよね。

ホンネNo.3「時給が低い」

・「時給が低いと働く気になれない」(21歳/女性/経済・経営・商学部)

・「仕事のきつさと時給が見合わない」(21歳/男性/工学部)

・「時給が他のアルバイトより低かった」(21歳/男性/人文学部)

どうせ働くなら、より時給の高いバイト先の方が魅力的。でも、「時間外労働」や、「シフトを入れてもらえず、稼げない」などが理由となっている人は、建前を言って辞める前に上司と相談してみると、時給を上げてもらえることもあるかもしれませんよ。

ホンネNo.4「仕事内容がつまらない」

・「単純作業で同じことを繰り返すから」(19歳/男性/生命科学部)

・「夏も冬もただ立っているだけで体が辛いから」(26歳/男性/医学部)

・「単調な接客がつまらなかった」(21歳/女性/経済・経営・商学部)

バイト代がもらえても、仕事がつまらなければ嫌になってくるものですよね。辞めたい気持ちになるのは仕方ないけれど、理由が「つまらないから」とは確かに言いにくい…。こんな時こそ「建前」を使って辞めるのがスマートかもしれません。

まとめ

アルバイトを辞める理由が、実際は「面倒くさいから」「飽きた」というものだったとしても、建て前を述べることは社会人としてのマナーです。言い方一つで印象は良くも悪くもなるので、気をつけましょう。ホントのワケを言うにしても、言わないにしても、辞めぎわに嫌な気持ちになるのは避けたいもの。辞める理由は、注意して伝えるようにしましょう。