スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年03月30日

給料日の次の日に、バイトを辞めるのってダメでしょうか?

あらかじめ伝えておけば次の日でも問題はない

給料日の次の日に辞めること自体は問題ではありません。バイト先は、従業員が働いた分の給与は支払い義務があるため、給料日と退職日との関係はさほど重要ではありません。重要なのは、バイト先と退職日の合意を予め取っておくことです。バイト先の就業規則を確認し、いつまでに退職の意思を伝える必要があるかを確認しましょう。労働基準法上は、退職希望日の2週間前とされていますが、可能なら、シフトの組み換えなどに支障のない1カ月以上前に、退職の相談をしておくことがおすすめす。

ちなみに、給料日の翌日に辞めても、次の(給料計算をする)締め日まで働いた分の給料はもらえます。例えば、給料日が1月10日(毎月10日)、辞めた日が1月11日、締め日が1月31日(月末)の場合だと、1月1日~11日まで働いた分の給料を2月10日(翌月10日)にもらうことができます。

※2014年3月27日公開の記事を更新しました。

早速バイトを探してみよう