スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年08月27日

バイトを辞めることは「一か月前に言う」

退職の意思は「希望の一カ月前」派が多数

どんなに順調にアルバイトをしていても、学生であれば、ライフステージの変化などで辞めなければならないことがある。そういうとき、いったいどんなタイミングでその意思を伝えたらいいのだろうか?
そこで、アルバイト経験者で辞めることを考えた短大、大学、大学院生188人に、「アルバイトを辞めたい意思」を退職希望のどれくらい前に伝えたか聞いてみた。

退職希望はいつ伝える?

約4割が、退職希望日の1カ月前に

アンケート結果を見ると、全体の約40%、74人が「1カ月前」と答えている。これはアルバイトを始めるときに「辞める意思は最低でも30日以上前に伝えるように」と言われることが多く、「1カ月前」が浸透しているからだと考えられる。実際の法律上でいくと、どの雇用形態でも2週間前が目安にはなるが、単発バイトでない限りは、後任に入る人の採用や仕事の引継ぎにかかる時間などを考えると、やはり1カ月ほど前に伝えた方がスムーズだといえそうだ。

「立つ鳥跡を濁さず」のマインドで

バイト先の事情もさまざま。場所によっては辞めると言った当日に辞められるかもしれないし、3カ月前でも遅いケースもあるかもしれない。最後は、笑顔で握手をして、すっきり辞めたいもの。そのためには、バイト先の事情や、シフト状況など少しだけ空気を読んで、適切なタイミングで切り出すようにしよう!

※アルバイト経験者でかつ辞めることを考えた短大・大学・大学院生188人にアンケート(2014年7月25日~7月26日)。調査協力:クロス・マーケティング

▼バイトを円満に退職するには、いつ、どう伝える?
バイトを辞める時は一ヶ月前に連絡を!円満に退職するためのマナー