スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年07月30日

バイトを無断欠勤してしまった。その後、続けたい人、辞めたい人別の対処法

バイト ばっくれ 無断欠勤 さぼり サボり 退職 タウンワーク townworkシフトの日を間違えていたり、寝坊をしてしまいバイトを無断欠勤してしまったとき、その後の対応はどうすればいいか悩みますよね。無断欠勤後にバイトを続けたい場合・辞めたい場合の対応方法や、より信頼をなくすNG行動を紹介します。

【目次】

無断欠勤したけど、バイトを続けたい場合

バイト ばっくれ 無断欠勤 さぼり サボり 退職 タウンワーク townwork・すみやかに電話で謝罪する
寝坊をしてしまった、バイトの時間を勘違いしてしまったなど“うっかりミス”の場合は、無断欠勤に気が付いた時点で迅速にバイト先に電話をしましょう。責任者を呼んでもらい、まずは謝ること。その後に無断欠勤してしまった理由と、今後もバイトを続けたい旨を伝えてください。このとき、無断欠勤してしまった理由を「急病で」「人を助けてあげて」など嘘をついたり、「昨晩、遅くまで勉強していて寝坊してしまい」など余計な言い訳をしないこと。理由は正直にシンプルに。そのほうが印象もいいですし、反省しているのが伝わります。

例:
「この度は無断欠勤してしまい大変申し訳ございませんでした。シフトを間違って把握しており、本日休みかと勘違いしておりました。今後はこのようなことがないよう十分、注意しますので、引き続きバイトを続けたいと思っております」

・バイト仲間に連絡する
無断欠勤したことで、休みだったスタッフが急遽シフトに入ることになったり、同じシフトのスタッフがあなたの仕事分まで働くことになってしまったりなど、バイト仲間にも迷惑をかけています。バイトの時間であればメールやLINEなどで謝罪文を送っておきましょう。誠意を見せたいのなら、バイトが終わった時間を見計らって謝罪の電話をするのもおすすめです。もし、連絡先を知らないのであれば、次回の出勤日に直接謝りましょう。

・次回の勤務で直接、謝罪する
無断欠勤をした後にバイトへ行く際は、迷惑をかけた人に謝りましょう。店長をはじめ、当日シフトに入ってくれたり、仕事を担当してくれたバイト仲間にも直接、謝罪をすること。店長にだけ謝って、バイト仲間には謝らないなんてことをしていると、信頼を落とすだけでなく、評判まで下がってしまうので注意! シフトを変わってくれたスタッフには次回、自分が代わってあげたり、仕事で迷惑をかけたなら相手の仕事を手伝うなど、謝罪だけでなく具体的に行動をすると信頼回復は早いはずです。

例:
「●日はバイトを無断で休んでしまい申し訳ございませんでした。以後、このようなことがないよう細心の注意を払って仕事に取組みますので、今後とも、よろしくお願い致します」

 

無断欠勤した後、辞めたい場合

バイト ばっくれ 無断欠勤 さぼり サボり 退職 タウンワーク townwork・謝罪電話をした際に退職の意を伝える
無断欠勤をした気まずさからそのまま辞めたいと思う人もいるでしょう。通常であれば、退職の旨は1ヵ月前に言うのがマナー。でも、そこまで待てないというのが本音のはず。そんなときは謝罪電話をした際に伝えましょう。ポイントはまず、謝罪と無断欠勤した理由を述べた後に退職したいと伝えること。最初に退職したいと言うと、辞めるために無断欠勤したのかと思われる可能性があるので注意。

例:
「本日、起きたらバイトの就業時間をすでに過ぎており、無断欠勤してしまいました。誠に申し訳ございません。重ねてご迷惑をおかけしてしまい大変恐縮ではありますが、本日付けでアルバイトを辞めたいと思っております」

・メールやLINEで伝える
基本は電話で伝えることがマナーですが、どうしても電話がしづらいのであればメールやLINEで送りましょう。ただ、メールやLINEだと見落とされる可能性があるので、送った後に数日返信がなければ電話で確認をしたり、再度メールをするなどアフターフォローを忘れずに。

例:
「昨日はバイトを無断欠勤してしまいご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございません。バイトの就業時間に気付かず、寝坊してしまったのが理由です。理由を説明する勇気がなかなか出ず、連絡が遅くなってしまい深くお詫び申し上げます。こちらの勝手な都合で恐縮ではありますが、バイトを退職したいと思っております。
本来ならば直接お伝えしなければならないところ、メールにてのご連絡になってしまうことをお許しください。何卒、よろしくお願い申し上げます」

 

無断欠勤した後、絶対にしてはいけないNG行動

バイト ばっくれ 無断欠勤 さぼり サボり 退職 タウンワーク townwork無断欠勤自体がよくないことではありますが、その後の行動でより悪い状況に自らを陥れてしまう可能性もあります。続けるにしても辞めるにしても、絶対にしてはいけない行動は慎みましょう。

・連絡をしない
言語道断なのは連絡をせずにそのまま辞めてしまう、いわゆる“ばっくれ”です。電話しづらい、連絡しづらい気持ちはわかりますが、連絡しなければそのまま辞められるだろうと安易な気持ちから連絡を怠ると後々、余計面倒なことになります。あなたが連絡をしなければ、必ずバイト先から連絡がくることをお忘れなく。

・あきらかに嘘とわかる言い訳をする
ただの寝坊なのに「急病で病院に運ばれた」「親が緊急搬送された」「エレベーターに閉じ込められて電波が届かなかった」など言い訳めいた嘘をついたところで、調べればすぐに分かってしまうもの。また、電話での応対やしゃべり方などで嘘だと気付かれることも多いでしょう。素直に謝っていれば許されるものも、嘘をついたことで余計信用をなくしてしまうことを肝に銘じて。

・フォローなしで出勤する
謝罪電話もせず、何事もなかったかのように次回出勤してそのまま…。信用がなくなるどころか、人格を疑われるようなふるまいは絶対にダメです。バイトを続けたいのなら、事前フォローや、出勤日に謝るなど誠意を見せてください。

 

無断欠勤をそのままにするとこんなデメリットが…

バイト ばっくれ 無断欠勤 さぼり サボり 退職 タウンワーク townwork・損害賠償の請求をされることも
無断欠勤から無断退職をしてしまうと、バイト先から損賠賠償を請求されてしまうというケースもあります。また、制服などバイト先から支給されたものを返却せずに退職してしまうと「業務上横領罪」にあたり実費請求される場合もあるので気を付けましょう。

・反則金を支払うなどのペナルティ
無断欠勤してそのまま辞めてしまった場合でも、働いた分の給与は発生します。ただし、バイト先によっては就業規則の中に無断欠勤や無断退職においては罰則を設けている場合もあり、反則金を請求されたなんてケースもあります。

・信頼を失い働きづらくなる
無断欠勤後、謝罪もフォローもせずにそのまま働いていると、周りのスタッフからの印象は悪くなるばかり。「また無断欠勤するのでは」という目で見られ、大事な仕事を任せてもらえなかったり、シフトを減らされてしまうなど、働きづらい環境になってしまう可能性が大きいでしょう。

 

まとめ

誰でも失敗したり、うっかりしてしまうことはあるものです。たとえ無断欠勤をしたとしても、その後の対応で信頼は取り戻せるはず。たとえ、辞めることを選択したとしても、迷惑をかけず誠意のある対応をしましょう。

早速バイトを探してみよう