スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年02月19日

【学生向け】バイトの給料が手渡しでも税金はかかる? 年収103万円を超えないための方法と気をつけるべきポイント3つ

給料 バイト代 税金 課税 手渡し タウンワーク townwork学生のアルバイトであっても、給与の合計が年収103万円を超えると所得税や住民税がかかります。給与が振り込みでも手渡しでもらった場合でも、それは変わりません。この記事では、税金の仕組みや「103万円の壁」、手渡しで給与をもらうときの注意点などを、税金ビギナーでも簡単にわかるように解説します。

※年収が130万円以下のバイト収入(給与所得)のみで、他に所得がない学生に向けた内容です。

【目次】

まずは知っておきたい税金がかかるボーダー「年収103万円の壁」とは

給料 バイト代 税金 課税 手渡し タウンワーク townwork年間でどれくらい稼いだか、年収に応じてかかる税金が変わってくるのかをご存知ですか? ここでは金額に応じて異なる税金の仕組みについて説明します。

「103万円の壁」とは?

よく耳にする年収103万円の壁。これは、所得額から誰もが差し引くことができる「基礎控除」の38万円と、給与をもらっている人が収入から一定額差し引かれる「給与所得控除」の最低金額65万円を足した金額のことです。

1年間の所得が103万円以下であれば課税所得は0円なので所得税はかかりませんが、103万円を超えると、超えた分に所得税がかかります。

これは、バイトの給料が手渡しであっても振り込みであっても変わりません。

<参考:国税庁HP>
No.1199基礎控除
No.1410給与所得控除

年収が約100万円を超えると住民税がかかる

先に説明した通り、年収が103万円以下であれば所得税はかかりません。しかし多くの自治体では、100万円を超えると住民税がかかります。所得税に38万円の基礎控除があったように、住民税には一般的に35万円の「非課税控除額」があります(住民税の所得割額を計算する際の基礎控除は33万円)。バイト収入では、非課税控除額35万円に給与所得控除65万円を足した100万円を超える年収があると住民税がかかるのです(自治体によっては93万円からかかる地域もあります)。

また、住民税は前年の給与所得に対してかかるので実際に納めるのは働いた翌年度になります。年収100万円を超えると税務署から地方公共団体に確定申告書に基づいた所得に関するデータが送られるので、住民税については自分で確定申告する必要はありません。

複数のバイト掛け持ちの場合はどうなるの?

バイトを2つ以上掛け持ちしている場合、すべてのバイトの合計、合算した年収が103万円を超えていると所得税がかかります。また、同じく100万を超えた場合は翌年の住民税もかかるので注意が必要です。

130万円まで上限アップ! 勤労学生控除について

働いている学生は103万円の控除の他にも「勤労学生控除」を受けることができます。勤労学生控除の控除額は27万円で、基礎控除・給与所得控除の103万円と足して年収130万円までは所得税がかからなくなります。

103万円(基礎控除+給与所得控除)+勤労学生控除27万円=130万円

注意すべきなのは、年収103万を超えると親の扶養から外れてしまうことです。扶養を外れると、今まで親が受けていた扶養控除がなくなり親の税金が高くなってしまうので、勤労学生控除の適用を受けるときには扶養を外れても問題がないか親に確認するようにしましょう。

<参考:国税庁HP> 
No.1175勤労学生控除

 

年収103万円を超えないための方法

給料 バイト代 税金 課税 手渡し タウンワーク townwork自身も所得税を払わずに済み、親の税金負担を増やさないためには年収103万円以下に抑えておくことです。それでは、年収103万円以内に抑えるにはどうすれば良いのか、具体的な方法をご提案します。

まずはバイト先に「103万円を超えたくない」意思を表示する

どうしても103万円を超えて働きたくないという人は、あらかじめバイトの責任者に「親の扶養内で働きたい」と意思表示をしておきましょう。バイトによってはシフトを考慮してもらえる場合がありますが、自分でも働き過ぎないように管理することも大切です。

1カ月当たりの収入は8万円以下を目安に

「毎月のシフトを調整していたつもりでも、年末近くになって103万円を超えそうだ」という話を聞いたことはありませんか? 急にシフトを減らそうとすると、バイト先や同僚に迷惑をかけてしまうので注意が必要です。

103万円を12ヶ月で割ると約85,000円ですが、次の可能性があるバイトは注意が必要です。

・ゴールデンウィークや夏休みなど学校が長期休暇のときに忙しくなるバイト
・年末の繁忙期に人手不足になるバイト
・ボーナスや報奨金が出るバイト
・能力によって時給が上がるバイト

長期休みや繁忙期など、出勤日が増えて一時的に収入が増えるバイトは、通常月の収入を調節しておくと安心です。

 

手渡しの給料にも税金はかかる

給料 バイト代 税金 課税 手渡し タウンワーク townwork手渡しで給料をもらうと、税金が引かれず得をしたように思うかもしれませんが、手渡しでも銀行振り込みでも、年収の合計が103万円を超えると税金を支払う必要があります。詳しくみていきましょう。

手渡しと銀行振り込み、どちらにも税金はかかる

給与の「手渡し」とは経理担当者などから現金を直接受け取ることで、「銀行振り込み」とは自分が契約している金融機関の口座に給与が振り込まれることです。手渡しと銀行振り込み、どちらも給与所得にあたるので、どちらの支払い方法であっても年収の合計が103万円を超えると所得税や住民税などの税金がかかります。

しかし、もらった給与の全体に税金がかかるわけではありません。給与収入から様々なものが引かれて、残った部分に税金がかかるようになっています。この差し引かれるものを「控除」といいます。

<税金がかかるのは課税所得の部分>
給与収入(源泉徴収される前の年収)-給与所得控除 = 給与所得
給与所得-所得控除(基礎控除や勤労学生控除など)=課税所得

例えば、年収が120万円の場合、給与所得控除の最低額である65万円を引くと、給与所得は55万円になります。55万円から基礎控除38万円を引いた課税所得17万円に税金がかかります

ではこの納めるべき税金を、もしも納めていなかったとしたらどうなるのでしょうか。

<参考:国税庁HP>
No.1400給与所得

すべての税金はマイナンバーで管理されている

マイナンバーとは、住民票を持つすべての国民に割り当てられた12桁の番号のこと。国や地方公共団体などが持つ個人情報と個人が持つマイナンバーを紐づけて、情報を管理するものです。税金や保険・年金などの社会保障や、災害対策などの目的で使われ、原則生涯において番号が変わることはありません。

行政側はこのマイナンバーによって、事業者から雇用者へいくら支払われているかがわかるようになっており、今のバイトだけでなく過去のバイトでも1年間の所得に対し税金をきちんと納めているか把握できるようになっています。よって手渡しで受け取っていても、納めるべき税金を納めていなかったとしたらマイナンバーを辿って国に知られてしまうというわけです。

税金を納めないと脱税に! バレたらどうなる?

マイナンバーや帳簿などで従業員の情報が管理されているため、納めるべき税金を納税せずに隠していると、判明した時点で、過去に遡って無申告加算税・延滞税・重加算税などの追徴課税が課されます。

 

手渡しで給料をもらうとき、気をつけるべきポイント3つ

給料 バイト代 税金 課税 手渡し タウンワーク townwork手渡手渡しの給与にも税金がかかること、納税しているかどうかをマイナンバーなどで確認されていることがわかりました。次に、給料を手渡しでもらう人に向けて注意すべき点を解説します。

給与明細書には重要なことが書かれている

給与明細書には出勤日数や残業時間の他に、いくら源泉徴収されているか、どのような手当てが出ているかなど、重要な情報がたくさん書かれています。毎月源泉徴収のところに数字が記入されていればバイト先が給与から天引きして税金を納めてくれていることになります。

年収が103万円を超えていて源泉徴収がされていない場合は確定申告が必要となります。確定申告書を書く際には、給与明細書の内容を見て記入することになるので、大切に保管しておきましょう。

現金が合っているか、その場で必ずチェック!

手渡しで給与をもらうときは、給与明細書と現金がきちんと合っているか必ずチェックしましょう。経理担当者が封筒に現金を入れるとき、間違えている可能性がないとは限りません。時間が経つほどにお互いの記憶が曖昧になるので、現金の過不足があった場合は遅くとも当日中に申し出るようにしましょう。

知らぬ間に脱税に加担!? こんな場合は労働局へ相談を

自分に悪意がなくても脱税に加担してしまっていることがあるかもしれません。給与明細書をもらえないときは、源泉徴収されているかもわからないですし、人件費を水増ししているなど、悪質な可能性もあるので注意しましょう。

何かおかしいなと感じたら自分自身が困らないよう、早めに確認することが大切です。もし確認が難しい場合は、住んでいる地域の労働局や税務署に相談してみてもよいかもしれません。

 

税金を納める仕組み~源泉徴収と確定申告

給料 バイト代 税金 課税 手渡し タウンワーク townwork源泉徴収と確定申告という言葉は耳にしたことがあるけれど、どんなものかわからないという方も少なくないはず。そこでそれぞれの仕組みを解説します。

バイト先で税金を納めている場合~源泉徴収~

一定の方法で計算した所得税をあらかじめ給与から天引きしておくことを「源泉徴収」と言います。通常、企業は月ごとに源泉徴収した所得税額を年末に精算し(年末調整と言います)、源泉所得税として国に納付します。このようにバイト先で源泉徴収と年末調整を行っていれば自分で税金を納める必要はありません。

また、1月~12月の年収が103万円以下であれば、税金がかからないため源泉徴収で引かれていた額が年末調整によりすべてもどってきます。年収が103万円を超えていても、実際に納める所得税額よりも源泉徴収された金額の方が多ければ、年末調整によって差額分がもどります。また、このような場合、バイト先が年末調整を行っていなかったとしても、自分で確定申告をすることによって差額分がもどります。

自分で税金を納める方法~確定申告~

確定申告とは、基本的に「所得税」の確定申告のことを指します。1月1日~12月31日の年収が103万円を超えていてバイト先で源泉徴収されていない場合は、自分で税金を申告して納める「確定申告」という手続きが必要になります。確定申告は申告書に記入して税務署に提出するほかに、インターネット上で手続きができるe-Taxがあります。

所得税の申告は、翌年の2月16日~3月15日(土日の場合は翌月曜日)が申告期間となっています。税務署などに申告用紙を取りに行くと書き方の小冊子もありますが、難しい場合は地域管轄の税務署の税理士相談もあるので気軽に利用してみましょう。

<確定申告の有無について>
・年収103万円を超えている+源泉徴収されていない=確定申告が必要
・年収103万円を超えている+源泉徴収されている=確定申告は原則不要
・年収103万円以下=確定申告は不要

 

課税、納税の仕組みを知り効率的に働こう

「103万円の壁」、そしてこれを超えた場合に発生する「源泉徴収」や「確定申告」などに関してはバイトでお金を稼ぐときにはぜひ知っておきたい知識。これを理解し、賢く、効率的にお金を稼げるように働きましょう。

高橋 政実(ファイナンシャルプランナー、行政書士)

早速バイトを探してみよう