スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年02月27日

【街で見かけた「働く人」劇場】カレー屋のインド人店員さんの話

インドカレー屋の店員

外に出れば「何かすごい人」になぜか出会う(?)フリーライターのシマヅによる、「働く人」をテーマにしたイラストコラム。今回(第3回目)は、ホスピタリティがすさまじいインド人がやってる本格インドカレー店でのお話。

友人が失恋したというので、都内某所の居酒屋でお酒を飲んだ後のこと。「〆に何か食べたい」「ラーメンとか?」「いや~、ラーメンは重いっしょ。太るし」「じゃあカレー」「それだ!」ということで、インドカレーのお店に入った筆者(と友人)。

分かっています、カレーだってお酒飲んだ後に食べたら太ることくらい分かっています。しかも我々が選んだお店はナンが食べ放題! 「ってことは、何枚おかわりしてもタダなんだよね!」「燃えるわ!」と、炭水化物(ナン)を食べまくる気マンマン。太るからラーメンはやめようと言っていたのはどの口だ? と、自分を問い詰めたくて仕方がないところですが、実はこの選択が(ある意味)正解だったのです。

なぜかというと、とにかくそのお店、インド人店員さんたちのホスピタリティがスゴイ!

まず、筆者と友人が入店し案内された席に座りふたりしてスマホを取り出した直後、「電池ダイジョウブですか? 充電器ありますよ。充電しますよ」と笑顔で提案! 充分に充電された状態でしたが、あまりにも笑顔がステキだったのでお言葉に甘え充電器を借りちゃいました。

次に、食べ放題のナンがあまりにも美味しかったので友人もろとも1枚を5分で完食、おかわりしたナンも5分で完食……これを何回くり返したかは覚えていませんが、何枚おかわりしても最高の笑顔で提供してくれる! いくら「おかわり自由」だといっても、食べ過ぎれば嫌な顔のひとつもしたくなるでしょうに……。なんと寛大な心!

最後に、食べ放題のナンはいくら食べても笑顔で提供してくれるのに、追加料金のかかるメニューを頼むと「いいの?」と何故か心配してくれる! 「あ、ナンが美味しかったので、もっと食べたいしカレーも欲しいなぁと思い……」と伝えると、「嬉しい。でもホントに大丈夫?」とまだ心配そうな感じ! 「気にしないでください。美味しいからいくらでも(食べられちゃうしお金もちゃんと払えるし)大丈夫です」と伝えると「ありがとう」と、またもや最高の笑顔!

失恋で傷心の最中にあった友人は、インド人店員さんの優しさ(ホスピタリティ)でかなり癒やされたようです。失恋というかまず恋自体していませんが筆者もとても癒やされました。

お仕事は基本的に「人と人とのコミュニケーション」です。なので、「相手はお客さまである以前にひとりの人間だ」という意識を持ち、初対面の人に接するときと同じような相手への気づかいを持つとイイのかもしれませんね。

ところで筆者、インド人店員さんと少しお話をしたのですが「インドカレーを毎日食べているかどうか? 毎日は食べませんよ。太るもん」と一言。 「そっかー! たまに食べるくらいだから店員さんはスリムな体形なんですね! 私も気をつけよっと!」と言ったあとに巨大なナンを4枚ほどたいらげ追加注文したカレーもキレイさっぱり胃におさめるなど恐らく1回の食事で3日分の量を摂った筆者。翌日、「もしや、あの一言は私の体重を心配してくれていたのだろうか……!?」 と振り返りながら、 自身が乗っている体重計の表示する恐ろしい数字を見て頭を抱えました。

plofライターシマヅ (Shimazu)
1988年生まれ。フリーライター。武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科を卒業後、2年ほど美術業界を転々としていたが現在は主にWEB上で文章を書き生計を立てている。女性向けコラム、インタビュー記事、グルメレポート、体験記事など、幅広い分野で執筆活動を行う。