スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年03月27日

【街で見かけた「働く人」劇場】某キャラクターにソックリなケーキ屋店員さんの話

ケーキ屋さん

外に出れば「何かすごい人」になぜか出会う(?)フリーライターのシマヅによる、「働く人」をテーマにしたイラストコラム。今回(第7回目)は、某ケーキ屋さんのマスコットキャラクターにソックリなケーキ屋店員さんのお話。

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」という有名なセリフがありますけれど、今こんなこと言われたら「えっ、なに言ってるんですか?」ってなりますよねたぶん。

「カロリー摂れれば何でもいいってモンじゃないんですよ。甘いもの苦手だからケーキなんか食べたくないんですよ!」みたいな感じで。

筆者(私)も甘いものはあまり得意ではないので、クリスマスでもケーキは食べない(買わない)んですが、自分じゃない誰かのためとなったら話は別です。

ということで先日、友人のために誕生日ケーキを買おうと某ケーキ屋さんへ向かったのですが、店に入った瞬間ビックリしました。ケーキの種類が異常すぎるほど豊富とかそういう話ではなく、店員さんが……某有名ケーキ屋さんのマスコットキャラクターにソックリ!

双子かと思うほど瓜二つで、たぶん本人もそれを分かっていてワザとなんでしょうが、髪型も完全コピーです。

接客において、身なりが大切なのは言うまでもありませんが、お客さんに「あのキャラクターからケーキを手渡しされた!」という特別感を与えるような身だしなみ(要は演出)をするという、その発想。スゴイとしか言いようがありません。

しかも、私にとってはケーキって頻繁に買う物でもない「特別な物」ですから、例のソックリ店員さんのユーモアと発想の転換はお客さんの抱く「特別感」を大幅にアップさせているのは確実です。

……でも実は、その店員さんがいるケーキ屋さんは、某マスコットキャラクターのお店ではなく、全く関係のない別の某有名ケーキ屋さんでして……。

店員さんの遊び心と、それを許す両ケーキ屋さんに敬意を表したいと思います。

plofライターシマヅ (Shimazu)
1988年生まれ。フリーライター。武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科を卒業後、2年ほど美術業界を転々としていたが現在は主にWEB上で文章を書き生計を立てている。女性向けコラム、インタビュー記事、グルメレポート、体験記事など、幅広い分野で執筆活動を行う。