スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年04月24日

【街で見かけた「働く人」劇場】褒め上手なお酒宅配店のイケメン店員さんの話

イケメン宅配お兄さん

外に出れば「何かすごい人」になぜか出会う(?)フリーライターのシマヅによる、「働く人」をテーマにしたイラストコラム。今回(第11回目)は、褒め上手なお酒宅配店のイケメン店員さんのお話。

東京でひとり暮らしを始め、はや7年になる筆者(私)。ひとりでの生活にもさすがに慣れましたが、実は、どうしても慣れないことがひとつあります。男性の宅配業者さんが荷物を届けてくださることです。

相手はまったく気にしていないとは思うのですが、スッピンのときとか玄関がメッチャ汚いときとか、見られるのがあまりにも恥ずかしいため何度か居留守をした経験があったりなかったり……。

何度でも言いますけど、私が気にしているだけであって、相手が気にしていないのは分かっています! ですから、居留守とか最低だと思います!! せっかく荷物を届けに来てくれたのに、お客さんの都合で追い返しているわけですから!! 居留守は絶対にダメ!!!! 相手は気にしてないんですからね!

……でも、今回ご紹介する店員さんは別です。めっちゃ気にしてくれます。いい意味で。

筆者は出不精がゆえ、自宅までお酒を届けてくださる酒屋さんのサービスを利用するのですが、配達のアルバイト店員さんのなかにひとり、笑顔がサワヤカなイケメンさん(※)がいるのです。

お兄さんイメージ

※本当に爽やかなイケメン。画像のもとにした男性からは許可を取っているので安心してください。ちなみに、店員さんご本人ではありません。

 

初めてその店員さんが家にお酒を届けに来てくれた日、筆者はスッピン。「あー……また居留守しようかな」と思いつつ玄関の扉を開け商品を受けとりお会計をしている最中、事件が起きました。

「手がキレイですね!」

終始下を向き、スッピンを見られないよう挙動不審になっていた筆者に、宅配のお兄さんがかけてくれた言葉です。

「あ、ど……どうも」と言って会計を終えた後は、「では、ありがとうございましたー!」と、春風のように颯爽と帰っていった店員さん。

なぜ、彼は筆者に「手がキレイですね」と声をかけてくれたのか。しばらくたってから理由が分かりました。筆者が自分のスッピン姿をメッチャ気にしてる素振りだから、イヤミにならないように「手」っていう絶妙な部位を褒めて場を少し和ませようとしてくれたのだ、と! その後、何回か彼がお酒を届けてくれたのですが、化粧バッチリのときは「華やかで良いですね!」、髪はボサボサ家全体もグチャグチャのときは「お酒飲んで元気出してください!」など、必ず一言フォローを入れてくれるのが根拠です。

男性の販売員さんが女ひとりで住んでいる家にくるって、緊張したり怖かったりしますけど、会話で和ませてくれるお兄さん!

しかも、お兄さんが一言言って、私が「ありがとうございます」的な返事をしたら「任務は終わったぜ! またな!」みたいな感じで颯爽と帰っていくところと、お客さんのプライベートに踏み込み過ぎない絶妙な一言も、イヤラシサを感じなくて本当に素晴らしいです!

ただ一点だけ言いたいのは、髪はボサボサ家全体もグチャグチャのときに言われた「お酒飲んで元気出してください!」って一言は、「何かツラいことでもあったのだろう」と思ってかけてくれた言葉だと思うのですが、髪ボサボサ部屋グチャグチャすっぴん眼鏡に高校時代のジャージ姿がいつもの私なので、なんというか、私は元気です。

plofライターシマヅ (Shimazu) @Shimazqe
1988年生まれ。フリーライター。武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科を卒業後、2年ほど美術業界を転々としていたが現在は主にWEB上で文章を書き生計を立てている。女性向けコラム、インタビュー記事、グルメレポート、体験記事など、幅広い分野で執筆活動を行う。