スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年04月14日

3000人の顔と名前を覚えたドアマンに聞く【簡単に顔と名前を覚えられる記憶術】

ニューオータニ ドアマン
春は出会いの多い季節。でも、たくさんの人の顔と名前を一度に覚えるのって案外難しいですよね。そこで、ホテルニューオータニのドアマンとして3000人以上のお客様の顔と名前を覚えているという吉川和宏さんに大学生でもマネができる覚え方を教えてもらいました。

・教えてくれた人
ホテルニューオータニ
ドアサービス副支配人
吉川和宏さん

ドアマンの仕事をする前、人の顔と名前を覚えるのは苦手だった

ニューオータニ ドアマン
――もともと吉川さんは顔と名前を覚えるのが得意だったんですか?

いえ、むしろ苦手な方です。ですから、最初はみんな同じ顔に見えて大変でしたね。でも、当ホテルは長年愛用してくださる会員様や著名な方のご利用も多く、失礼がないよう、先輩から名前と顔を覚えるようにと言われて必死で覚え始めました。

――苦手だったということは、失敗もありました?

たくさんありますよ(笑)。お客様のお名前を間違えて「いらっしゃいませ◯◯様」とお声をかけたら「◯◯じゃないよ!」と怒られたこともありました。でも、怒られると絶対に覚えますから、次回は失敗しないんですよ。そして怒る方は意思表示がはっきりしている場合が多いので、次回、間違えずにお名前を言うと「ちゃんと覚えてくれたんだ」と笑顔で喜んでくださるんです。

――もともとは覚えるのが苦手な吉川さんが顔と名前を覚えた方法は?

手帳に顔写真と名前を書いたいわゆる“虎の巻”を作りました。当時はインターネットがなかったので新聞や雑誌から写真を切り抜いて手帳に貼り、その横に会社名とお名前を書いた「顔写真+名前手帳」と、車で来られるお客様も多かったので、車種、ナンバー、名前を書いた「車用手帳」の2冊を作り、休憩時間や自宅で繰り返して見て覚えるようにしました。今では10冊以上の“虎の巻”がありますよ。

ニューオータニ ドアマン
――さすがプロ! すごい努力ですね。そこまでプロにはなるには難しいですが、学生やアルバイターでも簡単に顔と名前を覚えられる方法を教えてください!

顔と名前を覚える3つのステップ

ポイントは3つあります。段階を踏んで実践してみてください。

1.自分から声をかけて、相手の「声や反応」で覚える

顔と名前だけで覚えるのはなかなか難しいもの。そこで、まずは自分から声をかけて相手の反応や声などを見ることで相手の雰囲気が掴めます。声をかけるのにオススメなのは挨拶。「おはよう」や「お疲れ!」など当たり障りのないことから声をかけて、相手の反応や声質などで覚えてみましょう。

2.顔や持ち物など相手の「特徴」を探す

次に顔や持ち物などその人のヴィジュアル面に注目。顔であればホクロや、目の大きさなど特徴的な部分を探しましょう。もし、顔に特徴がなければ「赤いバッグを持っている」「大きな指輪をつけている」などいつも身に付けているものでもOKです。

3.最後に「名前を呼んで」記憶を定着させる

声、反応、ヴィジュアルがなんとなく掴めてきたら、最後は名前を呼んでトータルで覚えます。「◯◯くん、おはよう!」と1の挨拶に名前をつけてランクアップしてみてください。そうすると自分の記憶にも定着しますし、呼ばれたほうも「名前を呼んでくれた」と親近感が湧くはずです。

名前を覚えるだけで距離感はグッと縮まる!

ニューオータニ ドアマン
――最後に顔と名前を覚えるメリットを教えてください

名前を覚えられて嬉しくない人はいないと思います。「自分の名前を覚えてくれていたんだ」と好意的な気持ちを持つ人が圧倒的でしょう。そうすると相手も心を開き、距離感が縮まります。大学入学や新学期など、たくさんの人と「初めまして」の状況は不安だと思いますが、ただ、名前を呼ぶだけで仲良くなれるんです。まずは自分から声をかけてみて、覚える一歩を踏み出してみてください。

まとめ

吉川さんのようなプロでも最初は地道に声をかけることから始めていたんですね!
明日からでも実践できそうな覚える技術で、友達をどんどんつくっていってください。

■取材協力
ホテルニューオータニ
http://www.newotani.co.jp/tokyo/

取材・文:中屋麻依子 撮影:八木虎造