スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2022年04月26日

パートの契約更新しない伝え方、 無期契約との違いは?

パート 契約更新 タウンワークマガジン townworkパートやアルバイトでも、契約期間が決められた有期契約で働いている人は少なくありません。今回は、パートやアルバイトの有期契約と無期契約の違いや、契約を更新しない場合の伝え方などについてわかりやすく解説します。

パートの有期労働契約とは

有期労働契約とは、3カ月や1年などの単位で区切った労働契約のことで、契約社員、嘱託社員、パート、アルバイトなどが対象です。反対に、期間を区切らない契約は無期労働契約と呼ばれ、労働者から申し出がなければ原則として定年まで雇用します。

有期労働契約の期間は仕事によって異なり、数日間のものもあれば1カ月~3カ月程度のもの、半年や1年単位のものもあります。原則として1回の契約期間は3年(*1)が上限で、労働条件通知書か雇用契約書に労働契約期間、契約更新の有無、更新する場合の基準等を明記します。契約を3回以上更新しているか、雇用期間が1年を超える従業員の契約を更新しない場合は、30日前までに本人に通知する必要があります。

*1 事業の完了に必要な期間が決まっている有期事業は例外。また、60歳以上や専門的な知識、技術、経験を有する者は5年が上限。

 

有期契約のメリット&デメリット

有期契約のメリットとデメリットは、以下のようなものがあります。

メリット

①期間終了を理由に仕事を辞めやすい
有期労働契約なら仕事が合わないと感じた場合、契約終了時の面談で契約更改を打診されても、「契約期間が終わったら(更新をせず)辞めさせていただきます」と言いやすく、退職理由を難しく考える必要がありません。

②契約更新を機に働き方を見直す機会になる
有期労働契約では、契約更新時に上長(店長や責任者)と面談をします。その際に賃金や待遇、制度について改めて確認ができ、納得した上で働き続けることが可能です。

デメリット

更新されないかもしれない不安
デメリットは、契約更新時に「次は更新しません」と言われる可能性があること。長期で働きたい人にとっては不安があるかもしれません。通常は契約更新の1カ月程度前に面談が設定され、その際に更新の有無を伝えられることが多いです。

 

契約更新しない場合の退職方法

仕事内容や職場の人間関係が合わず「これ以上契約を更新したくない」と考えている場合、「契約満了なので辞めさせていただきます」と辞めやすいのが有期労働契約のメリットです。ただ仕事上問題がない限り、会社側は契約を更新してくれると見越して次年度の人員配置を考えているかもしれません。会社側に迷惑をかけないためには、早めに伝えることが大切です。

伝える時期はいつがいい?

契約期間満了の1カ月程度前に契約更新の面談が行われることが多いので、その際に更新しない旨を伝えるのがスムーズです。契約満了の1カ月程度前になっても「面談をしましょう」と声がかからない場合には、自分から上長(店長や責任者)に声をかけてみましょう。シフト制の仕事で、会社側が調整をする必要がある場合は、早めに伝えるのがマナーです。

退職にあたっては、退職届の提出を求められるケースがあります。会社指定のフォーマットや用紙がなければ、自分で用意をして提出しましょう。

伝え方はどうすればいい?

面談時に「契約更新の予定はありません」と伝えればOKで、詳細を話す必要はありません。ただし会社側から理由を聞かれたり、改善点の申し出があった場合に頑なに理由を伝えないのは印象がよくありません。退職するまではお世話になるので、できるだけ誠意ある対応を心掛けましょう。

退職理由が人間関係や待遇など仕事への不満の場合には、ストレートに伝えると改善するからと引き留められる可能性があります。更新の意思が少しでもあるなら、正直に話して改善してもらうのもいいでしょう。更新の意思がないなら、相手に納得してもらいやすい伝え方をすると安心です。

<納得してもらいやすい理由例>
・家庭の事情によるもの
・別のパートにチャレンジしてみたい
・健康面で不安がある
・資格の勉強などに時間を使いたい など

パートの退職理由|円満に辞めるために気を付けること

 

契約更新する場合は雇用契約書の確認を

契約を更新する場合、改めて雇用契約を交わします。雇用契約の締結には労働者と雇用主双方の合意が必要なので、必ず面談を行い、労働条件などの確認を行います。条件の変更を希望する場合はこのときに伝えましょう。更新時には新たに労働条件通知書もしくは雇用契約書が作成されるので、必ず目を通して内容を確認しましょう。

監修:冨塚祥子(トミヅカ社会保険労務士事務所)

 
※2019年6月1日の情報を更新

早速バイトを探してみよう