スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月27日

【主婦・主夫向け】バイト・パートを円満に辞めるために気をつけること・オススメの理由・伝え方

主婦が今のバイト・パートを辞めたいと思う理由はさまざまですが、理由の伝え方や内容によっては、辞める間際に不要な人間関係のトラブルを招いてしまうことがあります。勤務最終日まで穏やかに働いて、円満に退職するために気をつける点や、おすすめの退職理由を紹介します。

主婦・主夫がバイト・パートを辞めたいと思う理由とは

タウンワークマガジン 【主婦・主夫向け】バイト・パートを円満に辞めるために気をつけること・オススメの理由・伝え方「バイト・パートを辞めたい」と思う理由は人それぞれあると思いますが、大きく分けると、ネガティブなもの、ポジティブなもの、不可抗力的要素の強いものに分けられます。

ネガティブな理由の場合は、職場への印象が悪くなるだけでなく、「改善するから考え直してほしい」と引き止めに合ってしまう場合もあります。円満退職するためには、ポジティブな理由や、家庭の事情による不可抗力的要素の強いものを伝えると相手も納得しやすくスムーズに辞められます。

①直接言わないほうがいいもの『ネガティブな印象を与える理由』
・人間関係が悪い
・思った以上に仕事が難しくて、体力的・精神的に疲れてしまう
・他にいい仕事を見つけてしまったので転職したい
・仕事の内容の割に時給が安い
・シフトの融通がきかない
・待遇や労働条件が悪い

②直接伝えて問題ないもの『ポジティブ・不可抗力的要素が強いもの』
・チャレンジしてみたい仕事がある
・資格の勉強をしたい
・体調を崩して続けられない
・家庭の事情によるもの

特に、主婦・主夫のバイト・パートの場合は、職場も家庭優先ということは理解しているので、家庭の事情を持ち出すのが最も納得しやすいです。

では、具体的に、家庭の事情による退職理由の例を見てみましょう。

主婦・主夫におススメの退職理由①:家庭の事情が変わり、続けられなくなった

「子どもが塾に通わなくてはならなくなった」、両親と同居しているなら「母の代わりに家事をすることになった」など、家庭の事情で続けられないという理由は多くあります。特に、今まで同居していたり近隣に住んでいた母に、子供の世話や買い物、食事の支度を任せていたりしたけど、両親が高齢になったため今までのように手伝いを頼めなくなったことを理由に仕事を辞める主婦は実際多いものです。

主婦・主夫におススメの退職理由②:両親の仕事(身の回りの世話)を手伝うことになった

「両親の仕事を手伝うことになった」という退職理由は、どんなに仲の良い職場でも、アルバイトの両親の仕事内容まで把握している人は少ないものです。特に両親がお店を経営するなど、家業を営んでいる場合は伝えやすい理由と言えます。また、介護まではいかなくても、「高齢である両親の身の回りの世話をしなくてはならなくなった」という理由も納得されやすいです。

主婦・主夫におススメの退職理由③:夫の仕事を手伝うことになった

次は、「夫の仕事を手伝うことになった」という退職理由です。実際、自営業や自由業の男性が、妻に仕事を手伝ってもらったり、経理の帳簿をつけてもらったりというケースは珍しくありません。夫の職種が限られますが、当てはまる人なら納得してもらいやすい退職理由です。

主婦・主夫におススメの退職理由④:祖父母の介護をすることになった

退職理由として「祖父母の介護をすることになった」といわれて、それでもアルバイトを引きとめる会社はあまりありません。ただし、もし本当でないことがばれてしまったら、非常に印象が悪くなるので注意が必要です。

主婦・主夫におススメの退職理由⑤:「辞めて家にいて欲しい」と夫に言われた

「仕事を辞めて家にいて欲しい」と夫に言われたと、仕事を辞める女性は少なくありません。年老いた両親と同居していない家庭や小さな子供がいない家庭では、家族を理由にバイト・パートを辞めるのは案外難しいものです。そんなときに「わがままで寂しがり屋の夫」を理由にすると、すんなり退職できることも多いものです。
ただ、この理由の場合は「なぜ最初に夫に了解をとっておかなかったのか」と突っ込まれる場合もあります。その際には「当初は両立が可能だと思っていたが、想像したよりも家事や育児に手が回らなくなった」ということも謝罪の気持ちを込めながら伝えるといいでしょう。

主婦・主夫におススメの退職理由⑥:子供との時間を増やしたい

「子供との時間を増やしたい」という理由は、子どもを持ちながら仕事をしているお母さんの共通の願いで、理解されやすい退職理由となります。乳幼児に限らず、思春期の子供がいる家庭の主婦でも、周囲に受け入られやすい理由です。
こちらも、「最初からわかっていたのでは?」と言われる場合があるので、「実際に始めてみたら子どもが寂しがっているようだ」など、言い訳を考えておくようにしましょう。

主婦・主夫におススメの退職理由⑦:体調を崩してしまい、仕事が続けられなくなった

家庭の事情ではありませんが、「腰を痛めてしまい、通院が必要になった」など、自身の体調不良も納得してもらいやすい理由になります。ただし、嘘の場合はばれやすいので、本当に体調不良の場合のみこの理由を伝えるようにしましょう。

主婦・主夫におススメの退職理由⑧:資格の勉強をすることにした

こちらも家庭の事情ではありませんが、「前々からやりたい仕事があってチャレンジしたい」や、「資格の勉強を本腰を入れてやりたい」など、前向きに何かにチャレンジする理由も円満退職となれるのでオススメです。

辞めたいと思う日の1カ月以上前に、上司に直接伝えよう

タウンワークマガジン 【主婦・主夫向け】バイト・パートを円満に辞めるために気をつけること・オススメの理由・伝え方退職理由と合わせて考えたいのが、退職を伝える時期です。法律上は、「退職を申し出た2週間後には辞められる」となっていますが、実際に2週間前に言われても、職場は代わりの人を見つけるのは難しく、少ない人数でシフトを組み直す必要が出てくるなど、迷惑をかけることになります。できれば、新しいアルバイトを採用して仕事を覚えてもらう期間を考え、1ヶ月以上前など、余裕をもって勤め先に退職したい旨を伝えましょう。

また、伝える相手は、バイト・パート仲間ではなく直属の上司に、口頭で退社希望の日にちを伝えるようにします。

別のバイトやパートを始める場合、前の職場との距離も考えて

タウンワークマガジン 【主婦・主夫向け】バイト・パートを円満に辞めるために気をつけること・オススメの理由・伝え方注意しておきたいのは、新たに別のバイトやパートを始める場合。まわりが納得する理由で無事にバイトやパートを円満退社したのに、その職場の近くで新しい仕事を始めると、通勤や勤務する姿を前の職場の人に目撃される可能性が高くなります。「お母さんの介護で仕方なく辞めたいって言っていたのに」などとうわさ話や陰口のネタにされることも考えられます。社会人としてのマナーとして、新しい仕事に就くときは、しばらく時期を空けるか、前の勤め先と距離をおいたところで探すようにしましょう。

まとめ

主婦のバイト・パート先は自宅に近いことが多く、辞めるときにトラブルになってしまうと、退職後の近所づきあいや、子供の学校の人間関係にまで影響が出ることも考えられます。できるだけ辞めた後も元の同僚や上司と街で会った時に、にこやかに挨拶できるような、円満な退職を目指しましょう。