スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年08月25日

スーパーやカフェ、カラオケなど職種によってバイト応募の電話の時間帯は変えるべき!?

スーパーやカフェ、カラオケなど職種によってバイト応募の電話の時間帯は変えるべき!?

バイト先に応募の電話をするのは緊張してしまうもの。

きればバイト先の忙しい時間はさけて迷惑にならないよう気をつけたいところだ。

今回はバイト先の職種別で避けた方がいい時間帯を紹介するので、電話で応募する際は一度注意してみて欲しい。

バイト応募の電話はピーク時と深夜帯は避けよう

バイト先に電話で応募をする場合、時間帯に注意が必要だ。どのようなアルバイト先でも基本的には21時以降の深夜帯は避けた方が良いだろう。

またアルバイト先の職種によってピーク時間は変わってくる。それぞれのバイト先のピーク時間を考え、その時間に電話をするのは避けた方が良いだろう。アルバイト先の職種別のピーク時間帯を紹介する。

■カフェのピーク時間とは

カフェのピーク時間は一般的に11時30分から14時頃までのランチタイム14時から16時のお茶の時間、18時から21時頃のディナータイムとなる。

ただ駅中にあるカフェなどはよりピーク時間が長い傾向があるので注意が必要だ。

<比較的余裕のある時間帯>

カフェにバイトの応募をする場合、開店後から11時頃までの時間が比較的余裕を持って対応できる時間帯のようだ。

■居酒屋のピーク時間とは

居酒屋のピーク時間は一般的に18時から20時頃。曜日によっても変化はあり、特に金曜日は混雑するようだ。

<比較的余裕のある時間帯>

居酒屋にバイトの応募をする場合、開店後から18時までが比較的電話をするのによさそうな時間帯だ。ただ開店前からバイト応募の電話を受け付けている場合は、早めに電話をするといいだろう。

■コンビニのピーク時間とは

コンビニのピーク時間は6時から9時、お昼ご飯を買いに来る12時、帰宅をする時間帯である18時から20時ころと言われている。こちらもコンビニの立地によって多少前後することはある。

<比較的余裕のある時間帯>

コンビニの場合、早朝や深夜帯などは人手が少なくなるので、バイトの応募で電話をする場合10時から11時、14時から16時頃であれば働いている人の邪魔をすることが少ないだろう。

■カラオケのピーク時間とは?

カラオケは平日と休日では全くピーク時間が異なる。

平日は午前中や19時以降がピークとなるが、比較的すいているので可能であれば平日に電話するほうが良いだろう。

<比較的余裕のある時間帯>

平日の日中から夕方にかけてがいいだろう。

■アパレルのピーク時間とは?

アパレルのピーク時間も平日と休日で大きく変わる。平日であればピーク時間は18時から21時頃までのようだ

また休日では開店から13時頃の昼ご飯までの時間や16時から20時まででピーク時間が長くなっている。

<比較的余裕のある時間帯>

休日はピーク時間が長いので、できるだけ平日の午前中や14時から16時頃に電話をするとよさそうだ。

マナーを守った応募をしよう

こちらで記載しているピーク時間はあくまで一般的なもの。バイト先のピークは立地でも変わり、その日偶然混んでいたということもある。

ピーク時間をさけてバイトの応募の電話をした場合でも、必ず「お忙しいところ申し訳ありません」「今お時間よろしいでしょうか」などと断りの言葉をいれるようにしたい。

きちんと相手を思いやる挨拶をして電話をした場合、忙しかったとしても相手が不快に感じることはないようだ。

ピーク時間は職種によって全く異なる。どの時間帯に応募の電話をするにしてもマナーを守っておこなうと好感をもたれやすく、採用につながりやすくなるかもしれない。言葉や時間帯を選び、相手を気遣う姿勢が大切だ。

▼業種別、バイト応募の電話に適した時間帯は?
Q.バイト応募の電話の時間帯。朝早くや夜遅くは失礼?