スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年03月27日

Q.バイトを辞めたいのに、人手不足で辞めさせてくれない。どうしたらいい?

アルバイトを辞めようと思って上司に伝えたのに、「人手が足りないから」と引き止められたり、会社側の事情などで中々辞めさせてもらえないなど、辞めたいのに辞めさせてもらえず困っている人もいるかも知れません。ここではそんな時にどう対処したら良いかについて紹介します。

 
【目次】
1.法律上は2週間前までに伝えれば辞められる
2.辞めさせてもらえない場合の対処法
3.損害賠償すると言われた時は?
4.バイトを辞めるまでの期間の給料はもらえる?
5.もし支払いを拒否された・振込が無かったら?
6.まとめ

 

法律上は2週間前までに伝えれば辞められる

社員やアルバイトなど、労働者は、退職を希望すれば辞められることが法律で保証されています。雇用期間に定めのないアルバイトであれば、退職意思を伝えた2週間後には辞められることになっており、会社や店舗は、これに従う必要があります。また、契約期間のあるアルバイトの場合は基本的に契約期間満了まで働く必要がありますが、「やむを得ない事情がある場合」については、期間内でも辞めることができるとされています。事情がある場合にはアルバイト先に伝えて退職時期を相談して決めるようにしましょう。

尚、法律上は2週間前ですが、円満に退職するためには、就業規則に従うことと、会社やお店の事情を考えて早めに伝えることも必要です。詳しくはコチラの記事で確認しておきましょう。

Q.バイトを辞めたい。「いつまで」に言うべき?

辞めさせてもらえない場合の対処法

適切な期間に退職意思伝えているのにもかかわらず、辞めさせてもらえない場合は、「退職届」を郵送するという方法があります。

やり方は、まず、退職届を作成して封筒に入れ、「内容証明郵便」か「配達証明」で送るのが良いでしょう。全国展開しているようなチェーン店であれば、退職届のフォーマットがあることが多いため、そのフォーマットを使用します。

尚、内容証明郵便・配達証明とは日本郵便が発行している証明書でそれぞれ下記の内容となります。

内容証明郵便:どんな内容の文書を誰から誰あてに送られたかを日本郵便が証明するもの(内容が正しいかどうかの証明は含まれない)。具体的には、作成した文書の写しを、差出人及び差出郵便局において保管し、誰から誰あてに郵送したかの記録を5年間保管してくれるもの。

配達証明:郵便物を配達したことを日本郵便が証明するもの

※いずれも加算料金がかかります。また、すべての郵便局で実施しているわけではないので、事前に確認してください。

「退職意思を伝えた」という内容を残すのであれば、上記のように、内容証明郵便で送るほうが確実です。もし、後々何かで証明する必要がありそうな場合は、こちらで送るといいでしょう。
このように、このいずれかの郵送方法で、退職届を確実に送付したことを証明できるように残しておきましょう。

損害賠償すると言われた時は?

就業規則を破っていないにもかかわらず、もしも会社から「損害賠償するぞ」と言われてしまった場合は、労働基準監督署に連絡するのが良いでしょう。労働基準監督署とは、事業者の監督の役割を持つ厚生労働省の出先機関のことで、労災の給付なども司っています。労働者が会社を辞める権利は法律で保証されているものなので、適切な機関に相談して解決するようにしましょう。

バイトを辞めるまでの期間の給料はもらえる?

辞めることを伝えてから辞めるまでの期間分のお給料は、もちろんもらえます。また、辞めた後に給料日が来る場合も、働いた分の給料は当然もらう権利があります。そのため、もし給料日に給料が振り込まれていない場合は、遠慮せず給料の請求をしましょう。

もしもバイト先と気まずかったり、連絡しづらい場合は、下記を参考に伝えてみるといいでしょう。

連絡方法:
勤務していた店舗や部署の上司へ連絡する。
人事や経理の部署の連絡先が分かる場合は、そちらに連絡してもよい。

トーク例:
「お忙しいところすみません。○月○日にアルバイトを退職した××ですが、確認違いだったら申し訳ありませんが、◯月分のお給料が振り込まれていないようです。いつ頃振り込んでいただけるか、ご確認をお願いできますでしょうか?」

ポイント:
「確認違いだったら申し訳ありませんが」というニュアンスで、給料の振込が漏れていないかの連絡を入れる。確認して折り返すと言われたらいつ折り返してもらえるのかも一緒に確認するようにする。

もし振込が無かった・支払いを拒否されたら?

もし振込が無かった場合は、上記のように、まずは給料が未払いの旨をアルバイト先に伝えるようにしましょう。もし単なるミスなのであればいつ振り込まれるのかを電話かメールで問い合わせるようにするのが良いです。
また、その後仮に支払われた場合には、働いた時間と見合った給料が支払われているかを確認し金額に相違が無いかを確かめましょう。

万が一、連絡をしても支払ってもらえない場合は、労働基準監督署に相談するのが良いでしょう。その際は、実際にどのくらい給料をもらう権利があるのかを示すものが必要となるため、
・契約書の写し
・給与明細
・シフト表

などを可能な限り準備した上で相談するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アルバイトを辞めることも、働いた分の給料をもらうことも保証されている権利のためきちんと求めるようにしましょう。

▼こちらもチェック▼

 

アンタッチャブル柴田 お悩み相談 バイト 飽きる 辞める バイト タウンワークアンタッチャブル柴田の「バイト悩み相談」:バイトが長続きしない…
『バイトをしてもすぐに飽きて辞めてしまう・・・』そんな大学生の悩みにアンタッチャブル柴田さんが真剣に答えます。
人間関係 バイト 大学生 ホンネ タテマエ バイト タウンワーク【大学生向け】バイトを円満に今すぐ辞めるための上手な伝え方・理由・言い訳〜大学生のホンネとタテマエ
バイトを辞める理由はさまざまだけど、ネガティブな理由の場合は正直に言いづらいものですよね。そこで、気まずさナシで円満に辞めるための上手な伝え方を解説します。