スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月06日

主婦のパート面接時に適した服装とは?小物やメイクの注意点まで

タウンワークマガジン 主婦のパート面接時に適した服装とは?小物やメイクの注意点まで
パートの求人に応募して、いざ面接となったとき、着ていく服装や髪型に悩んだ経験はありませんか?
「リクルートスーツを着るべき?」
「いつものメイクで大丈夫?」
面接官に好印象を与えるためには、どのような服装やメイクが望ましいのでしょうか?
今回はパートの求人に応募する主婦の方向けに、面接当日の服装やメイクに関する注意点についてご紹介します。

【目次】
1. 職種ごとに違う!パート面接時の服装
2. 意外と見られている!靴とかばん、アクセサリー
3. 面接官に良い印象を与える髪型やメイクとは?
4. これはNG!パート面接時にやってはいけない服装・マナー
5. 服装・マナーに気を配ったら、心の身支度も忘れずに!

1. 職種ごとに違う!パート面接時の服装

タウンワークマガジン 主婦のパート面接時に適した服装とは?小物やメイクの注意点まで
飲食店・事務職・アパレルなど、応募する業種や職種によって求められる服装も変わります。まずは面接時の服装の基本と、職種ごとにふさわしい服装をお伝えします。

面接時の服装の基本

どの職業にも共通する大事なポイントは「清潔感と身だしなみ」です。きちんとしたスーツを着ていたとしても、汚れがあったりしわくちゃだったり、だらしない着方をしていては、相手に与える印象が良くなるはずはありません。清潔感のある服装を心がけることを基本として、職種ごとに服装の例を見ていきましょう。

スーツ、またはそれに準ずる服装が望ましい職種

・事務職などのオフィスワーク
・銀行や不動産会社などのカウンター業務
・百貨店
・ホテル …etc.

オフィスでの事務職や窓口業務、百貨店やホテルの接客業など、社員が制服やスーツを着用して働いている職種の場合は、パート面接でもスーツで臨むのが基本です。個性的な服装よりは、落ち着いた色合いでシンプルにまとめたほうが無難でしょう。黒やグレー、紺などのスーツに、清潔感のある白シャツの組み合わせがベストです。

スーツでなくても、上品できれいめな服装でOKな職種

・飲食店のホールやキッチン
・スーパー
・コンビニ
・家電量販店 …etc.

飲食店やスーパー、コンビニ、家電量販店などでの販売や接客といった職種の場合、かっちりしたスーツで臨む必要はありませんが、カジュアル過ぎずきれいめな服装を心がけましょう。ひざ丈のスカートにアンサンブルを合わせたり、上品なワンピースやツーピース、襟付きのジャケットなど、落ち着いたトーンできちんとした印象を与える服装がオススメです。もちろん、迷ったらスーツを着用しても問題ありません。

ファッションセンスが求められる職種

・アパレルのショップスタッフ
・靴やバッグなど、ファッション関連商品の販売 …etc.

アパレル店員など、服装も面接の重要なポイントになる職種の場合、希望するブランドのアイテムを身につけたり、ブランドのイメージを意識したコーディネートでセンス良くまとめて、当日の服装のテーマを言えるようにしておく必要があります。パートで働きたいブランドの店舗に実際に出向き、スタッフの服装や店の雰囲気、客層などチェックしておくと、当日になって迷わずに済みます。

2. 意外と見られている!靴とかばん、アクセサリー

タウンワークマガジン 主婦のパート面接時に適した服装とは?小物やメイクの注意点まで
油断しがちなのが小物類のチョイスです。トータルコーディネートが大切なので、服装に合わせて適したアイテムを身につけましょう。

「おしゃれは足元から」という言葉があるように、靴はその人の印象を大きく左右するポイントです。派手すぎるデザインや色、高いヒールや歩きにくい靴は避け、シンプルにパンプスやローファーを合わせるのが無難です。シンプルなデザインでも、上品な素材感のものを選んだり、かばんとの色合いを合わせたりすることで統一感のあるセンスの良いコーディネートにすることができます。雨の日などは泥はねに注意が必要なので、会場に着いたら靴に汚れがないかチェックしてから面接に臨みましょう。

かばん

かばんを選ぶ上で気をつけたいのはサイズです。折らずにA4サイズの履歴書が入るかばんを選びましょう。奇抜なデザインは悪目立ちしかねないので、色合いや形はなるべくシンプルなものを選び、服装に合わせるのがポイントです。履歴書を持参しない場合でも、当日書類などを受け取る可能性がありますので、トートバッグやエコバッグなど簡易すぎるかばんは避けたほうが良いでしょう。

アクセサリー

スーツ着用で臨む場合は、結婚指輪以外のアクセサリーは身につけないほうが無難です。そこまできっちりした服装でない場合でも、揺れるデザインのピアスや輝きの強いネックレスは避け、小ぶりで上品なアクセサリーを身につけましょう。ブレスレットや結婚指輪以外の指輪、派手な時計などは外し、さりげないおしゃれ程度にとどめてください。

3. 面接官に良い印象を与える髪型やメイクとは?

タウンワークマガジン 主婦のパート面接時に適した服装とは?小物やメイクの注意点まで
服装、小物類がばっちりでも、まだ気は抜けません。面接官に好印象を与えるためには、髪型とメイクにも気を配りましょう。

面接に適した髪型

前髪が長い場合はピンで留めたり、サイドの髪も耳にかけたほうが表情が明るく見えます。髪が長い場合は束ね、清潔感のある髪型を心がけてください。高い位置でのお団子やボリュームのあるアップスタイルなど派手な髪型はNGです。
また、髪を染めている場合、飲食店や接客業など業種・職種によってはヘアカラーがマイナス評価につながることもあります。真っ黒に染め直す必要はありませんが、髪色が極端に明るい人は、いくらか落ち着いた髪色にトーンダウンしておくことをオススメします。バレッタやシュシュなどのヘアアクセサリーも同様に、シンプルなものを選ぶか着けずに臨み、目立つものは外しておきましょう。

面接に適したメイク

美容関係などしっかりしたメイクが求められる仕事以外は、ナチュラルメイクが基本です。ただし「ナチュラルメイク=薄化粧」という意味ではありません。大人の女性としての身だしなみという観点から、すっぴんはNGです。派手なアイシャドウや濃いアイラインなどは避け、自然で清潔感のあるメイクを心がければ好印象につながります。つけまつげやまつげエクステは、自然であれば問題ありませんが、ボリュームがありすぎると「化粧が濃い」という印象を与えてしまいます。どうしてもつけたい場合は、毛量や長さを調節して目立ちすぎない程度に抑えましょう。

面接時のネイル

飲食店やホテルなどの接客業では禁止のところもあります。衛生面から見ても付け爪やマニキュアは好ましくありませんし、派手な色使いやデザインのネイルは清潔感に欠けます。面接の際はキレイに爪を切りそろえて、マニキュアは落としていくのが良いでしょう。
ただし、販売業などではキレイな指先が好印象を与える場合もあります。ネイルは落としても、爪ヤスリで磨いたりクリアカラーのマニキュアを一塗りして、自然で健康的な指先になるようネイルケアに気を使いましょう。

4. これはNG!パート面接時にやってはいけない服装・マナー

タウンワークマガジン 主婦のパート面接時に適した服装とは?小物やメイクの注意点まで
面接の際、印象を悪くしてしまうおそれのある服装やNGマナーについてご紹介します。当てはまるものがないかチェックしてください。

全職種共通のNGマナー

どの職種でも共通するのは、清潔感が大切だということ。
フケや爪の汚れ、夏場の汗染みなどは、服装以前の問題で不衛生なので避けましょう。次に、ストッキングの伝線や服にシワ、シミがあると目立ちます。また、きつすぎる香水や過度の露出もマナー違反です。ジーンズにTシャツやスウェットといった普段着を連想させる格好や、シルエットがダボっとしたカジュアルな着こなしも、本人にとってはおしゃれかもしれませんが、面接には不向きです。自分の個性をアピールするというよりは、その職場に馴染む服装であることが大事なので、迷ったときはあまり冒険せず、TPOを意識して無難にまとめたほうが安心です。

アパレルの場合のNGマナー

清潔感に加えてセンスが求められるアパレル店員の面接の場合、リクルートスーツは避けたほうが無難です。スーツで行く場合は、ファッションへの関心がないと思われてしまわないよう、小物にトレンドを取り入れたり、素材感や色合いに気を使ってセンスを感じさせるコーディネートにしましょう。

また、他ブランドのロゴが入った服を着用したり、希望するブランドのターゲット層からかけ離れたファッションも避けましょう。パートでも社員でも、お客様からすれば同じスタッフです。雇う側からしても、直接お客様と触れ合う店の顔として販売員を雇うわけですから、面接当日の第一印象は重要なポイントです。アパレル店員の場合は、そのお店のトーンに合っていて、且つファッションセンスもアピールできるよう、特に気を使って身支度を整えてから面接に臨むようにしましょう。

5. 服装・マナーに気を配ったら、心の身支度も忘れずに!

結婚後、家事や子供の世話に専念していてブランクがあったり、仕事をしていても今までに経験したことのない仕事を新たに始めようとするとき、そのスタートにあたる面接で戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
ですが、どの職種であれ、清潔感がありTPOに応じた服装を心がけることに加えて、人から見られているという意識と、社会に出て働くこれからの自分に対する希望や目標、自信を持って面接に向かえば、その熱意はきっと面接官に伝わるはずです。

▼こちらもチェック▼

 

【脱おばさん】ファッション難民のアラフォーママにお届けしたい“ダサくならないコーデ&コツ”2017春
Twitterでアラフォーママ向けに「脱おばさん・ダサくならないコツ」を発信している大人気アカウント「ミリヤママ」さんに、2017年の春コーデのコツを聞いてきました!