スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2020年06月12日

面接担当者に聞いた、パートで不採用になる理由と採用されるための対応策

パート 不採用 理由 タウンワーク townworkせっかく見つけたパート先に応募したものの、結果は不合格…。採用につながらない理由にはどんなものがあるのか、面接担当者436人にアンケート。服装、ブランク、経験、敬語、シフトの希望など、具体的な理由と対策方法を紹介します。

パートの面接後、不採用とした理由(複数回答)

パート 不採用 理由 タウンワークマガジン
 

不採用の理由:経験やスキルの不一致

パートの面接で不採用と判断した「理由」で、もっとも多かったのは、「経験やスキルの不一致」。希望する仕事を行う上で必要なスキルが合っていないというのがあるようです。

「Excelとワードが使えることが採用条件だったが、面接で質問したらほとんどパソコンを扱えない人だった」(一般事務) →応募条件を満たしていない

「ブランクのある方でも、パソコンスキルは教えれば習得できると思っていましたが、PCの電源の入れ方もわからない方で、そこから教えるわけにもいかず、採用を見送りました」(コールセンター) →応募条件を満たしていない

「まったく経験がないのに、さも経験があるように答えてたのでちょっと……」(医療・介護職)→経歴が事実と違う

対策:応募条件を満たしているか事前確認する

求人の原稿内に詳細が書ききれずに、面接まで分からなかったこともありますが、上の例は、応募前に求人原稿内の仕事内容や、応募条件を確認すれば防げた可能性があります。
求人原稿では読み取れなかった場合は、応募前、または応募後の面接日程の連絡の際に、自分が応募条件を満たしているかを確認し、面接に進むかをお互い確認するという方法もあります。

 

不採用の理由:シフト条件の不一致

続いて多かったのが、働く曜日や時間のシフトが応募先の希望と合わないという理由でした。

「働ける時間帯が限定されるのは仕方がないものの、土日祝の勤務ができず、遅番がいっさいダメなど、柔軟にシフトが組めないので不採用に」(一般事務) →条件が合わない

「一定の曜日と時間帯以外は、入れないないの一点張りで、お断りしたことがあります」(コールセンター) →融通が利かなそう

対策:譲れない理由を考え直してみる

働く時間や曜日は誰にでも希望はあります。また、求人原稿内には「週〇日~」や「シフト応相談」と具体的には分からないものも多いので、実際のシフトは、面接で確かめるのが確実です。確認した上でお互いの折り合いがつかないのは仕方ないことですが、大切なのは、「譲れないこと」と「譲れる、相談できること」を整理して伝える姿勢です。自分の条件面のみを主張すると、「融通がきかない」印象を与え、結果的にシフトの不一致のみでない印象で採用に至らないことがあるようです。本体の希望外のシフト相談をされた時の話し方のコツは、「〇〇は無理ですが、××なら可能です」など、代案を示して前向きさをアピールするのがおススメです。
また、こちらも応募前や応募後の面接日程の連絡の際に、シフト条件があっているかを確認するという手もあります。

 

不採用の理由:表情、話し方

次に多いのが「表情や話し方」「服装や身だしなみマナー」「仕事への意欲を感じない」など、いわゆる第一印象に関わる理由が多くありました。

「正面を向いて話ができず、自信をもって会話ができない」→目を見て話していない

「接客業なのに声が小さく、はきはきしていない」(遊戯店) →はきはきしていない

「タメ口で、丁寧語・敬語でのやりとりができない」(アパレル・雑貨販売) →敬語ができない

「自信なさげで、暗い話し方だったので見送った」(工場軽作業) →自信がなさそう

「積極性がなく、すべてが受け身。表情も暗くて働きたい思いが伝わらない」(塾・教育関連) →やる気を感じられない

対策:表情や話し方は、事前の準備で対策できる

話し方や表情は、面接前の事前の準備で対策できます。まずは、志望動機やシフトなどの希望を、スムーズに話せるように事前に整理して話せる練習をするのがおススメです。そうすることで、自信をもって面接に臨めるため、話し方や表情もグッと良くなるでしょう。

■関連記事:
面接で好印象な表情・話し方・目線

 

不採用の理由:服装や身だしなみやマナー

「服装がしわしわで変色しており、清潔感がなかった」(一般事務) →清潔感がない

「ジャージとサンダルで来社。面接ではスーツはもっていると答えていました…」(工場軽作業) →だらしない

「パートなのでかしこまりすぎる必要はないのですが、部屋着っぽいTシャツ、かかとを踏み潰したスニーカーはちょっと…」(建設業) →カジュアルすぎる

対策:応募先の職種にふさわしい服装を選ぶ

面接での身だしなみで大切なのは、清潔感があることです。パートの面接ではスーツでなくてもよいことが多いですが、大人はカジュアルな服装はルーズな印象を与えることがあるので、素材やサイズにも気を配って選ぶことがおススメです。詳しくは以下の関連記事も参考にしてみてください。

■関連記事:
パート面接の服装マナー|スーツ?私服?など

 

まとめ

パートの採用に至るまで、事前準備で対策できることが多いです。準備がしっかりしていれば、自分の希望や優先順位も見えやすくなり、より自分に合うパート先が見つけやすくなると思います。

※過去3年以内にパートの採用面接を行なったことのある面接官・採用担当436人にアンケート(2020年3月実施、調査協力クロスマーケティング)

早速バイトを探してみよう