スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2020年05月28日

バイトのWEB面接(オンライン面接)の受け方・事前準備のやり方

バイトのWEB面接(オンライン面接)の受け方・事前準備のやり方
最近はアルバイトの面接もオンラインで行なうことが増えてきました。「初めてのことでよくわからない」「どうしたら良いのか不安」という方に、WEB面接とは何かから、失敗しないための準備までご紹介します。

WEB面接とは?

WEB面接とは、ツールを使ってオンラインで行う面接のこと。LINEのビデオ通話、skype、最近話題のZoom、FacebookのMessenger機能、Google Meetなど、需要の増加に伴い、新たなサービスも次々登場しています。
現在は外出自粛をきっかけにコンビニなどの販売や居酒屋などの飲食店、サービス系など一般的なバイトでも実施されるようになってきました。

WEB面接の場所は、自宅がベスト

周辺の音がしない場所がいいので、自宅で行うのがベスト。カフェや学校などは、周りの音が入り込んだり、Wifiや通信状況を安定的に確保しにくかったりするため、できれば避けたいところです。背景は、ポスターなどの装飾がない、シンプルな場所を選んでください。

事前準備のやり方

面接を受けるのはパソコンでもスマートフォンでもOK。まずはカメラをしっかり固定しましょう。どちらの場合も、ポイントは目線の高さにカメラが来るように固定すること。面接で猫背に映ると暗い印象になりやすいです。また、カメラから離れすぎると声が聞き取りづらいので、「胸から上」が映る位置で調整します。
顔色を明るくするため、レフ板代わりに白い紙を手元に置くのも良い方法です。その際は、画面に紙が写り込まないようにしましょう。

パソコンの高さを段ボール等で上げる

パソコンの高さ調整:段ボールなどで位置を上げる

パソコンを直接机に置くと、カメラを見下ろす位置になり、目線や表情が暗い印象になることも。段ボール箱や本などを使って、目線と同じ高さになるようにカメラ位置を調整するのがおすすめです。

スマホの固定:コップとタオルを使う

スマホの固定方法1:コップとタオルを使う
スマホの場合、立てかけるだけだと倒れやすいです。そんなときはタオルを一枚敷くと滑り止めになり、固定しやすくなります。
高さは段ボール箱や本などで調節しましょう。スマホは横に置いたほうが安定します。
スマホの固定方法1:コップとタオルを使う

スマホの固定:大きめの洗濯バサミを使う

スマホの固定方法2:大きめの洗濯バサミで固定する
縦置きで固定する場合は、バスタオルなどを挟む大きな洗濯バサミでスマホを固定することができます。無理して開くと洗濯バサミが壊れてしまうので、確認しながら試してみてください。
多少見下ろす目線にはなりますが、顔の印象が暗くなるほどではないので、安定性を出すには、この方法もおすすめです。
スマホの固定方法2:大きめの洗濯バサミで固定する

Web面接で失敗しないための対策

アプリや機能を初めて使う人も多いのではないでしょうか。面接時間になって慣れないものをいきなり使うのは大変。本番に向けて事前の準備が大切です。

機材関連

・電波の良い場所にスマホorパソコンをセット
・ビデオ通話用のソフト、アプリをインストール
・カメラ、音声状態がオンになっているかを確認する
・正常に使えるかリハーサルしておく

まず、音声や画質を確保するためにパソコンやスマホを、電波が良いところにセットしましょう。先方指定のソフトやアプリが入っていない場合はインストール。カメラや音声がONになっているかも確認しておきます。正常に使えるか友人や家族とリハーサルしておくとより安心です。

周辺の環境

・背景はすっきり、シンプルにする
・通知は全てOFFにする
・部屋のエアコンなどの環境音がうるさくないか確認する

相手に見やすいように、できるだけシンプルな背景の場所を選びましょう。ポスターなどは一時撤去するのも手です。

面接中、通知音は先方にも聞こえてしまう可能性があるのでOFFにしておきましょう。室内・室外の環境音がノイズのように入ることもあるので、こちらも事前に対処しておくと集中して面接に挑めます。

服装・時間・目線など

・身だしなみは対面面接と同様に清潔感を意識する
・5分前には待機
・基本は画面を見て、自分が話すときは、カメラ目線を意識する
・アカウント名に注意する

Web面接の服装は、胸から上しか映りません。アルバイトの面接なので、カジュアルな格好で構いませんが、Tシャツやカットソーならハリ感のある素材を選ぶと良いでしょう。柄の襟付きシャツやブラウスなら、よりきちんとした印象を与えやすくなります。

もちろん、遅刻は禁物。5分前には準備完了してスマホ・パソコンの前にいると慌てません。時間になってもかかってこない場合は、メールを送ったり、先方の電話番号にかけてみたり、別の方法で連絡を取ってみてください。

面接中、「相手の目を見る」と、画面上でずっと目を伏せた状態になってしまいます。なかなか難しいですが、基本的にはカメラを見ながら話しましょう。
また、アカウント名をあだ名や好きなキャラクター名などカジュアルなものにしている場合は、一時的にでもフルネームにしておくのがおすすめです。

バイト面接に行く「服装」の基本

Web面接でよく聞かれること

オンラインでも質問内容は基本的に対面と同じです。しっかり準備して本番に挑みましょう。

志望動機

なぜそのバイトを志望したのか、「自宅が近い」「時給が良い」などだけではなく、その仕事に興味を持った理由を話せるようにしておきましょう。

長所などの自己PR

「前向きさ」と「明るくふるまえる」ことをアピールできる長所を、過去のバイト経験や大学のサークル・部活など、経験に基づいて話せるよう準備しておきましょう。

シフトの希望

週何回、何時間働けるか、希望の曜日やどうしても入れない曜日や時間がある場合は、この時点で伝えておくとスムーズです。先方とすり合わせる意思があることも伝えると好印象。

勤務開始可能時期

採用する側は、できるだけ早く勤務できる人が欲しいもの。「採用の連絡が来たらすぐ」「2週間ほどで」など、やる気があることをアピールしましょう。

通勤手段

曖昧な答えを避けるため、事前に把握しておきましょう。徒歩、移動手段を含めて「徒歩10分、電車で15分です」などと伝えましょう。大学生の場合は自宅から直接行く場合と、学校から行く場合の2パターン説明できるように確認しておくとスムーズです。

面接で聞かれることについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。困ったときに役立つ例文集もあります。

【面接対策】バイトの面接で良く聞かれる質問と答え方一覧│志望動機・アルバイト経験・辞めた理由など

まとめ

オンライン面接は慣れないだけに緊張してしまいがちですが内容自体は普通の面接と変わりません。事前準備をしっかりして、あなたの良いところを採用担当者に伝えましょう。

文:宇野なおみ

早速バイトを探してみよう