スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年04月01日

【面接対策】バイト面接で良く聞かれる質問と答え方ガイド

「緊張してしまうので苦手」という人も多い面接。質問されてシドロモドロ…なんていうことにならないように、事前に「よく聞かれる質問」と「答えにくい質問と回答例」をご紹介します。

バイト面接で良く聞かれる質問

事前にある程度、質問に対する答えを整理しておくと、当日あわてなくて済みます。 まずは、「よく聞かれる質問」からチェックしてみましょう。

■応募理由/志望動機
「家が近い」「時給がいい」など条件面だけでなく、「なぜその仕事やお店に興味を持ったのか」を加えると、より説得力の増す受け答えになります。
接客業であれば、「人と接するのが好きなので」「いつも感じの良い接客をしてくれるこちらのお店で働きたい」など、事務作業であれば、「コツコツとやる作業が好きなので」など、自分の志向と合わせて語れると、より良い印象になります。

※詳しく確認したい人は、以下の「履歴書の書き方ノウハウ」を参考にしてみましょう。
学生フリーター主婦・主夫

■これまでのアルバイト経験
応募職種に近いものがあれば、その経験を答えましょう。例えば、コンビニに応募するなら、レジ、販売や接客業などという具合です。
その際、業務内容を伝え、どんな仕事ができるのかを伝えるとより良いです。コンビニを例にすると、「別のコンビニでのアルバイト経験があります。品出しやレジ操作も問題なくこなしていました」など、こなした業務内容がわかるように答えると印象もよくなります。
アルバイト経験が何もない場合は、「アルバイトは初めてですが、早く覚えられるように頑張ります」など、意欲を伝えられるといいでしょう。

■あなたの長所は?等の自己PR
どの職種であれ、「前向きに仕事に取組む」「明るく振舞える」という印象を残すことが大切です。さらに、応募職種に活かせそうなアピールができるといいでしょう。「中学から今まで、部活でサッカーを続けています。周囲とコミュニケーションをとりながら目標にむかって頑張ることが好きなので、アルバイトも他のスタッフの方たちと楽しみながら頑張りたいと思っています」など、何かを続けてきたり、リーダーとして活躍した経験を絡めると前向きな印象になります。

※詳しく確認したい人は、以下の「履歴書の書き方ノウハウ」を参考にしてみましょう。
学生フリーター主婦・主夫

■勤務開始時期(いつから働けるか)
アルバイト募集は、すぐにでも人手が欲しいケースがほとんど。「予定がなければご連絡をいただいた翌日から可能です」「2週間後から働けます」など、なるべく早い日程を伝えておきましょう。現在アルバイト中で、退職次第という場合は、正直に「今のアルバイト先と相談して、改めてご連絡いたします」と後日伝えるやり方でも問題ありませんが、できれば退職日を決めてから面接に臨んだほうがスムーズです。

■勤務時間などのシフト
シフト制のバイトの場合、「週○日、○時間(または○時以降など)」どれくらい働きたいかを確認する質問です。希望の曜日やどうしても入れない曜日や時間がある場合は、この時点で伝えておきましょう。
「月曜は○~○、火曜は○~○」と曜日別に事細かく話すのではなく、まずは大まかに答え、面接担当から細かく質問をされたら、答えるようなコミュニケーションがスマートでしょう。
答える際は、自分の希望を伝えつつ、相手の予定に合わせて調整する意思を見せることも大切です。
回答例、「週末含め、週4日程度働けます。土日は習い事があるので両方は難しいのですが、どちらかは出るようにします」

■通勤手段/通勤時間について
時間管理がきちんとできる人かどうかを見られる質問です。「わかりません」「たぶん20分くらいです」など、曖昧な答えにならないように、事前にきちんと確認しておきましょう。「自宅と学校の中間になります。学校からは電車と徒歩で20分程度、自宅からは電車と徒歩で15分程度になります」など、通勤のしやすさも伝えられるといいでしょう。

■前のバイトを辞めた理由
嫌になってすぐ辞めてしまうことがないかどうかを判断する質問です。人間関係や仕事内容に不満があったなどのネガティブな理由ではなく、「サークル活動が忙しくなってシフトが合わなくなった」「家庭の事情で」など、「仕方ない」と思える理由にしておくのが無難です。また、「コンビニのレジ経験から接客に興味を持ち、よりお客様との接点がもてるファミレスの仕事に興味をもちました」なども前向きな印象になります。

■学業との両立について
学生の場合、よく聞かれる質問です。学業優先になるのは応募先も承知の上。なので、その場の勢いで「バイト優先で頑張ります」と答えるよりも、「テスト期間や学校行事でお休みをいただくこともありますが、それ以外は頑張ります」と、正直に答えたほうが、応募先も納得感がありますよ。

答えにくい質問と答え方

次に、「答えにくい質問」の答え方。正直に本心を語っていいか悩むものは、答えに詰まることのないようにここで確認しておきましょう。

■志望動機・自己PR

Q.長所を聞かれて、何と答えればいいかわからないときは?
⇛ 接客業なら「明るいところ」、引っ越しなどの重い物を運ぶ仕事なら「部活動で腕力を鍛えた」、事務作業なら「慎重に物事を進めるところ」など、仕事の内容と絡めて伝えるようにしましょう。長所と一緒に短所を聞かれた場合は、長所の裏返しを答えると一貫性のある回答に。例えば、「何事も慎重に取り組むところが長所だけど、その分、作業に時間がかかってしまいがちな点が短所」など。参考にしてみてください。

■仕事内容・シフトなどの条件

Q.キッチンを希望したら、「ホールでもいい?」と聞かれたら?
⇛ 「料理が好き・興味があるのでキッチンがいい」などの明確な理由がある場合は、そのまま希望を伝えましょう。もし譲ってもいいのであれば、「はじめはホールでも構わないが、ゆくゆくはキッチンをやりたいので異動は可能か」という相談をしてみましょう。結果として希望職種でなくても、想像できなかった面白さややりがいを見つけられるかもしれません。

Q.面接で「テスト期間中は休みたい」と言うのは、印象悪い?

⇛ アルバイト先も、学生がある程度学校行事でバイトを休むことは予測しているもの。とは言え、突然長期間休まれると困ってしまうので、「何で・いつ・どれくらい」休む可能性があるのかを面接の段階で伝えておくといいでしょう。

■前の仕事の退職理由

Q.「人間関係」が嫌で辞めた。正直に伝えるのはマイナス?
⇛ 人間関係や労働環境など、前の職場に対する不満や悪口は、ネガティブな印象を与えかねないので避けたほうが無難です。そのような場合は「もっと幅広い業務に携われる仕事がしたかった」や、「さらに上のスキルを身につけたいと思った」など、前向きさをアピールできる別の退職理由を考えておくといいでしょう。

■時間・時期

Q.「勤務開始時期を早められない?」と聞かれたら?
⇛ 「テスト期間中」「レポートの提出がある」など、明確な理由があるなら、はっきり伝えて問題ありません。その上で、「○日までテストがあるので難しいのですが、それ以降でいかがでしょうか?」など、できる限り調整する意欲を見せられると印象も良くなるでしょう。

Q.「土日勤務もできますか?」と聞かれたときの上手な断り方は?
⇛ 習い事やサークルなど、入れない理由がある場合は正直に伝えて問題ありませんが、調整が可能ならばその意思を見せることも必要です。「土曜日に習い事を入れてしまっているので、日曜だけでもよろしいでしょうか?」など、譲歩案を伝えられるといいでしょう。

■その他

Q.面接の最後に「質問は?」と聞かれたら、何か聞かないといけないの?
⇛ 面接ですべての疑問が解消されているなら、無理して聞く必要はありません。その場合は「ありません」とひと言で返すよりも、「詳しく話していただいたので、大丈夫です」と丁寧に答えると、より良い印象になるでしょう。もし、どうしても何か聞きたい場合は、「合否の連絡はいつごろになりますか?」や、「職場にはアルバイトはどれくらいいますか?」など、職場の雰囲気にまつわる質問が無難です。

職種別のバイト面接対策

ここでは、仕事内容や職種別に「面接でよく聞かれる質問」や「当日の流れ」「志望動機」「服装マナー」などを紹介します。

  • スーパーのバイト面接
  • コンビニのバイト面接
  • ファミレスのバイト面接
  • カフェ・喫茶店のバイト面接
  • ファーストフードのバイト面接
  • アパレル販売のバイト面接
  • 居酒屋(ホール・キッチン)のバイト面接
  • イベントスタッフのバイト面接
  • コールセンターのバイト面接
  • ドラッグストア・薬局のバイト面接
  • ケーキ・スイーツ店のバイト面接
  • 家庭教師のバイト面接
  • 家電・スマホ携帯販売のバイト面接
  • パン屋・ベーカリーのバイト面接
  • デモンストレーター・試食試飲販売のバイト面接
  • パチンコ店のバイト面接
  •  

    主婦・主夫向けのバイト・パート面接対策

    主婦・主夫の方向けに、面接でよく聞かれる質問や答え方を紹介します。
    主婦・主夫のパート面接でよく聞かれる質問と答えに困る質問の答え方11