スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年09月18日

転職の面接│質問の流れ・よく聞かれる質問一覧・回答例

自己紹介、退職理由、志望動機、逆質問など、中途採用面接で聞かれる質問対策には事前の準備が大切です。ここでは、面接でよく聞かれることや答え方の例を、面接全体の流れに沿ってリストにまとめました。

面接の質問の流れ

まずは面接のおおまかな流れを理解しておきましょう。転職の面接は、以下の順番で行われるのが一般的です。時間はおよそ1時間程度のところが多いです。

【入室する】
・簡単な挨拶
”○○です。本日はよろしくお願いします”
※履歴書などを渡す

【質疑応答】
・自己紹介/職務経歴について
・転職理由/退職理由について
・志望動機/自己PRについて
・勤務条件や勤務開始時期などの確認
・最後に聞かれる質問(逆質問)

【最後に】
・面接以降の流れについての確認

 

面接でよく聞かれる「7つの質問と回答例」

自己紹介・職務経歴

転職の面接で「自己紹介をお願いします」と促された場合は、自分の名前と、簡潔に現職と職歴を説明しましょう。そこでの職歴の説明は「応募先の職種と関連性の高いもの」に重点をおき、「何をしたか」、「その成果や実績」あるいは「仕事をする上で心がけていること」など、自己PRを交えて話し、応募先で、どう活躍できそうかをアピールしましょう。

「(職務経歴書に沿って)職歴を教えてください」と聞かれた時は、学校卒業後の経歴を簡単に伝えたあと、上と同じく、応募先に関連するものに比重を置いて話します。
転職回数や部署異動が多く、職歴の多い人は、1つ1つを必ずしも丁寧に説明する必要はありません。応募職種に活かせる経験やスキルに絞って簡潔に伝えましょう。話す時間は1分を目安に。

※回答例はこちら
面接での職務経歴の答え方│多い場合は?何分で?

転職理由・退職理由

中途採用の面接での転職理由・退職理由を通して面接担当者は、「同じ理由で採用後すぐやめることはないか」、あるいは「自分を客観視できる人か」「仕事への意欲はあるか」などを見ています。
人間関係、給料、仕事内容、残業など、前職の不満が退職理由の場合、そのまま伝えると「不満の多い人」という印象を与えてしまうかもしれません。ネガティブな退職理由は、今後の仕事の意欲につながるポジティブな言い方に変換し、「どんな環境を求めているのか」を伝えることが大切です。

※回答例はこちら
転職理由・退職理由のネガティブにならない答え方

志望動機

「なぜその会社、業界、職種」を選んだのか、魅力を感じた部分を述べ、「これまでの経験やスキル」を通し、自分が応募先に貢献できることを伝えましょう。
志望理由、自己PR、退職や転職理由まで、一貫性のある話で組み立てることが大切です。「なぜ退職や転職したいのか」「何ができるようになったか」「何が魅力で応募したのか」、この3つに矛盾があると説得力が弱くなります。

※回答例はこちら
転職面接での志望動機(志望理由)の答え方・書き方

自己PR

自己PR では、これまでの経験(実績やスキル)や、仕事への取り組み方などについてアピールします。目的は、面接担当者に「自社で活躍できる人材」という期待を持ってもらうことです。今までの仕事経験、長所、強み、実績などから、その会社の募集内容や社風に合ったものを見つけましょう。

※回答例はこちら
転職面接での自己PRの答え方・書き方

長所・短所

自己PRの代わりに、長所や短所を聞かれることもあります。短所を聞かれた場合、そのまま伝えるのではなく、長所に変換して伝えることで、プラスの印象を与えることができます。この場合も、応募先の社風や募集内容に合ったものを具体的なエピソードを交えて話しましょう。
具体的な変換方法や回答例は、以下ページを参考にしてみてください。

【短所一覧】面接で短所を長所に言い換える方法
【長所一覧】面接で話す長所の答え方、見つけ方

性格について聞かれたら

面接では、長所や短所のほかにも性格について聞かれることがあります。これは、長所や短所のように、自己分析が冷静にできているかや、募集職種や自社の社風に合う人物かどうかなどを見るためです。性格について聞かれたら、自分の良い部分をいくつも並べるのではなく、募集職種や応募先企業の社風に合ったものを選び、長所として伝えられるように準備しておきましょう。

<回答例>
「私の性格は協調性が豊かだと思っています。前職の販売では店舗のサブリーダーを務めました。3名の社員と5名のアルバイトスタッフで店舗を回していましたが、毎日必ず全員が顔を合わせるわけではないので、それぞれの考えを気軽に交換できるような仕組みを作りました。特にアルバイトスタッフは直接言いづらいことでも交換シートでなら言いやすく、店長と毎週話し合いながら接客のことから仕入れ、陳列などさまざまなアイデアを出しながら工夫を凝らしました。その結果、リピーターのお客様も増え、また、店舗の雰囲気もとてもよくなりました」

趣味・特技

転職の面接では、趣味や特技の質問はそう多くありません。面接担当者の質問の意図は、「応募者がどんな人なのか?」という具体的な人物像です。この質問に対しては、趣味や特技についてただ話すのではなく、なぜそれが好きなのか、得意なのか、その理由を伝えましょう。趣味や特技の話を通じて、自分の長所や強みについてアピールすることが大切です。

<回答例>
「私の趣味は登山です。目標を設定し、それに向けて具体的な計画を立て、実現することが好きです。達成したときに、困難であればあるほど喜びが大きくなります。初めて富士山を登頂したときは、今までに感じたことのないほどの充実感や達成感を味わうことができました。仕事と登山には、似ているところがあると思います。御社でも高い目標を達成し、利益に貢献していきたいと考えています」

他社の応募や選考状況

面接の途中や最後で、他社の選考状況に関する質問をされることがあります。複数の会社を検討している場合は、社名は言わず、「飲食業界で〇社受けています」、「事務職を中心に〇社受けています」などと答えれば問題ありません。
志望順位を聞かれた場合、第一志望であればそのまま伝えて構いません。第一志望でない場合は、「各社、お会いして考えているところです」と言い、「御社のキャリアステップに大変魅力を感じております」など、志望動機の部分を加えると良いです。複数業界、複数職種など、応募企業に一貫性がない場合は、同業種や同職種のものに絞って答えるといいでしょう。

<回答例>
「私は飲食業を志望しており、5社受けています。第一志望は御社です。私は将来的に飲食店を開業し独立したいと考えています。御社は6ブランドを展開されており、店舗探しや業者の斡旋などの独立支援制度もあると伺っています。御社で既存店の店長、そして新店立ち上げの店長を目指し、将来に向けて幅広いスキルや知見を身につけることが今の私の目標です。どうぞよろしくお願いいたします」

”最後に何か質問はありますか?”(逆質問)

面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれることが多くあります。疑問がすべて解消できていれば無理に質問する必要はありませんが、質問の仕方次第では、最後まで志望意欲をアピールできるチャンスにもなります。
企業によって労働条件や環境はさまざまです。入社してから後悔しないように、疑問を残さず確認しておくのは大事なことです。シフトの決め方、キャリアステップ、資格の活かし方などについてなど気になることは聞いておきましょう。

※回答例はこちら
面接の【逆質問】の好印象な答え方とNG質問

 

入社後、後悔しないために確認したいポイント3

勤務条件(シフトや残業・給料など)

転職をするうえで勤務条件は大切です。入社後のことも考え、シフト、残業、給料、有給、勤務地など、求人票や会社情報ではわからず、気になることはしっかりと確認しておきましょう。仕事と生活を両立させるためにも大事なポイントです。

勤務開始の時期

転職の面接では「いつから働けますか」と勤務開始時期を聞かれることがあります。面接を受ける前に、あらかじめ考えておきましょう。在職中の人は、引継ぎ期間も考慮して逆算することが大切です。

合否結果や今後の流れ

合否の結果は、最も気になるポイントです。結果待ちの不安を解消するためにも、選考にかかる日数や合否の連絡方法を確認しておきましょう。採用された場合の今後の流れを確認しておくことも大事です。

 

質問の答え方・受け答え以外にも必要な面接対策

転職の面接は、受け答え以外にも、入退室や受付、服装などマナーも見られています。入退室の際に注意すべきこと、服装のマナー、私服や服装自由の場合の大事なポイントなどについても事前に確認しておきましょう。以下のページで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

面接の基本マナー|受付・入退室・挨拶・服装など
転職面接の服装の基本

早速バイトを探してみよう