スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年11月22日

履歴書は手書き、パソコンどっちがいい?

履歴書 手書き パソコン タウンワーク townwork転職の履歴書は、基本的には「指定なし」なら手書きでもパソコンでも問題ありません。ここではそれぞれのメリット・デメリットや新卒との違い、作成時の注意点などをご紹介します。また、経験別に選べる履歴書テンプレートの無料ダウンロードもご用意。自分に合う履歴書で応募先企業への熱意を伝えましょう。

「指定なし」なら、手書き・パソコンどちらでもOK

履歴書を手書きでつくるかパソコンでつくるかは悩むところですが、応募先企業が「指定なし」の場合はどちらでもかまいません。大切なのは何で作成したかではなく、「間違いがないこと、読みやすいこと、わかりやすいこと」です。
履歴書で企業が見ているのは、どんな仕事をしてきたか、何ができるかといった職歴や、どんな人物なのかを推し量る内容です。手書き・パソコンといった作成方法で合否を決める可能性は低いと考えていいでしょう。

手書きの際の注意点

手書きの履歴書には黒ボールペンを使いましょう。消せるボールペン(フリクションボールペン)は簡単に訂正できるので、正式なビジネス文書である履歴書には使いません。同様の理由で、修正液や修正テープの使用もNGです。書くときは、字が多少下手でも熱意が伝わるように、読みやすく丁寧に書きます。なお、応募する企業が複数ある場合、履歴書をコピーして使いまわすのはやめましょう。手抜きをしたと思われ印象がダウンします。

書き間違えたら基本は書き直し。でも、どうしてもの時の訂正方法

パソコン作成での注意点

フォントは明朝、ゴシックなどを使い、装飾はしない

作成する際のフォントは明朝、ゴシックなど一般的なものが適しています。太字、斜め、下線、色の変更などで文字の装飾や強調はせず、シンプルにつくることが大切です。

A3またはB4で1枚印刷が基本だが2枚印刷も可

印刷は、A3サイズまたはB4サイズで1枚印刷が基本ですが、自宅のプリンターを使用する場合はA4サイズ2枚、B5サイズ2枚で印刷しても問題ありません。2枚に分けた場合はホチキスを使わずクリップでとめます。印刷用紙に薄すぎる紙、光沢のある紙を使うのは避けましょう。
なお、写真データを貼り付けて一緒に印刷することもできますが、履歴書ではやめておきましょう。パソコン作成した履歴書を印刷した紙に、別途準備・印刷した写真を貼るようにします。

【経験別に選べる】履歴書テンプレート(エクセル、ワード、PDFで無料ダウンロード)

早速バイトを探してみよう