スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月26日

【脱おばさん】ファッション難民のアラフォーにお届けしたい“ダサくならない重ね着コーデ”2016秋冬

【脱おばさん・秋冬編】ファッション難民のアラフォーにお届けしたい“ダサくならない重ね着コーデ”

イラスト:いわたまい

アパレルショップの店頭もすっかり秋冬めいてきたこの頃。でも、秋〜冬ファッションって、地味色&重ね着による着膨れで、「おばさん臭さ」が加速しませんか? そこで、アパレル業界を約20年経験し、Twitterでアラフォーママ向けに「脱おばさん・ダサくならないコツ」を発信している大人気アカウント「ミリヤママ」さんに、秋冬コーデのコツを聞いてきました!

秋冬ファッション、脱おばさんのポイント

ミリヤママさんによると、秋冬は色合わせ、素材の合わせが難しくなるだけでなく、手首足首などの露出も減って老けて見えがち。また、ニットなど、マットな素材感や、茶系やダークトーンの組み合わせも、余計にくすんで見えて老ける原因になるんだとか。そこで、色選びや重ね着のときのポイントを聞いてみました。

①マンネリ防止には、小物で派手色を
「秋冬の重ね着コーデは、苦手な人も多いですが、コツをつかめば少ない枚数で着こなしバリエが増やせるメリットもあるんですよ。まずは秋冬は老けて見えやすいと意識して、派手かな? くらいの色を入れてみるのもオススメです」だそう。なるほど、首周りなど、小物が増える秋冬なら、敬遠しがちな原色系も取り入れやすいかもしれないですね。

②秋色と合わせるなら、顔まわりに白をもってくる
「秋カラーを着ても老けないためには、ズバリ、顔まわりに白を入れましょう。スヌードやタートルネック、ネックレスで白を選ぶのもいいですが、お仕事ならエリ、袖、裾で白を挟めるので、シャツがやっぱり優秀。このテクを使えば反射効果で顔色が明るくなるので、手っ取り早いです」。また、秋カラーを全身に取り入れるのではなく、白・黒・デニムのベースのうえに、1アイテムだけ秋色にすると、地味になりすぎず、うまくまとまるそう。

③半袖の下にタートルネックの重ね着は今年はしない!
次は、避けておきたい重ね着パターン。
「半袖やフレンチスリーブの服にタートルネックの重ね着は、今年はやめておきましょう。しかもタートルネックが柄物だったり、カットソー素材や、首まわりがゆるいものは特におばさん度が高めです…」
な、なんと…。寒いけど、タートルだけだと寂しい感じがして、ついつい重ね着しそうでした。
「タートルだけで物足りない時は、アクセサリーやストールで動きをつけるのもオシャレですよ。タートルに重ね着するなら、長袖か、ノースリーブの下に。どうしても半袖やフレンチスリーブの下に着たいなら、白か黒の細身のタートルにして、さらに何か羽織って腕は隠しましょう」。

脱おばさんコーデ①秋冬で買うべきはショート丈トップス+ショートブーツ

短めトップス+テーパード+ショートブーツ

イラスト:いわたまい

着こなしのポイントがわかったところで、ではトップスは今秋冬、何を着るとあか抜け感が出るのでしょうか。

「今春〜夏はガウチョやテーパードが大流行したので、ゆるボトムに移行した人が多いと思います。ゆるボトムは、タイツを合わせたり、パンプスに履き替えればまだ履けるものが多いはず。となると、ゆるボトムに合う、すっきり丈の秋冬トップスを買い足していきましょう」

また、あわせて足元のバランスとして、ショートブーツをおすすめしているそう。

「今年のゆるボトムだと、ロングブーツは合わないですよね。また、アウターを着る時期になると、上半身のボリュームに足元が負けてしまいがちですが、足元にブーツでボリュームを出すことで、バランスがまとまることが多いんです。ブーツの丈は短め、足首まわりがゆるすぎないデザインがいいですよ」

さらにショートブーツは、(1)子どもと遊ぶときにも足裏がずれず走れる、(2)ぺたんこでもキレイ目にまとまりやすく、ビジネスシーンでもOKになりやすいというから、いいことずく目。持っていない人はぜひ取り入れてみて!

脱おばさんコーデ②秋もやっぱり白シャツ。ニットと重ね着するとキレイ目に

白シャツ+ニットベスト+ワイドパンツ+ローヒールパンプス

イラスト:いわたまい

続いてミリヤママさんが推すアイテムは、春夏に引き続きシャツだそう。

「お仕事着ならやはり白シャツ! ボトムスに柄物をあまり着ない人なら白地のストライプやチェックでもいいですね。シャツはカジュアルなニットもかっちり見せることができます。選ぶ際には、裾がまっすぐの物より、ラウンドになっているデザインの方が、ニットから裾出しもキレイにできるのでオススメです」

なるほど、ここ数年で定着してきたシャツ+ニットの重ね着、裾を見せたりしながら変化を楽しむのも良さそうですね。

脱おばさんコーデ③ボトムは黒テーパード&ショートブーツを

コンパクトなトップス+テーパード(黒)+ロングカーデ+パンプス

イラスト:いわたまい

では最後にボトム。買い足すならコレ、というものはありますか?

「引き続き黒のテーパード(ももがゆったりしていて、裾に向かって絞ってある形)をおすすめします。ガウチョが予想以上に大人気ですが、秋冬は羽織物が増える分、バランスをとるのに苦戦する人もいるはず。裾が絞ってあるテーパードなら、ロング丈の羽織でも合わせやすいので、着回し力に差が出てきます。黒を取り入れておけば、タイツを履いても馴染むし、その分トップスやアウターと色がケンカする心配もないので、まずは黒がオススメです!また、トップスはコンパクトなものを選ぶと、より今年っぽい印象になりますよ」

でも、コンパクトなトップスは、腰まわりが見えてしまって、おばさん感が出てしまいませんか?

「逆ですよ! トップスは腰丈にして腰位置を高く見せて、ロングカーディガンで縦ラインを強調すれば、スタイル良く見えるんです。ぜひチャレンジしてみて」

なるほど、縦のラインを強調してすっきりみせるんですね、皆さんも参考にしてみてください!

ネットで買うときはサイズ感と素材チェックを入念に

家事に育児に忙しいママ世代は、ゆっくり買い物に行く時間がなくて、ネットで買って失敗…なんていう人も多いハズ。そこで、ネット買いで失敗しないコツも聞いてみました。

「まずはそのブランドやサイトが、自分の年齢層やテイストにマッチしているかどうかを見極めることですね。“(アイテム名) アラサー 秋冬 2016 画像”などで検索してみて、自分の好きな着こなしを挙げておく。その着こなしが、買おうとしているサイトのアイテムでできるのかチェックしてみるといいと思います」。

なるほど、いきなり買うのではなくて、「いいと思うファッション」に目星をつけておくのですね。

次に、ネット通販の失敗原因は“サイズ感”と“素材”にあるとか。

「サイズ感については、自分の体に合うのか、ちゃんとメジャーで裾や着丈の位置をチェックする、素材は素材名で検索して風合いをチェックすることが大事。買う前に、気に入ったポイントが何なのか考えて、それが現物でもはたして変わらないのか? という視点も大切ですね」。

確かに実物でないとサイズ感と素材はわかりにくいもの。その点、採寸と検索で補うというテク、参考になります!

まとめ

秋冬コーデ、正直、どこから手を付けたらいいか……と思っていましたが、シンプルに白シャツ、黒パンツと揃えていくことがカギといえそう。「もう年齢だから」などとあきらめず、「アレ、なんかキレイになった?」なんていってもらえるよう、オシャレに変身しちゃいましょう。

“脱おばさん”の記事一覧はコチラ

取材協力:
ミリヤママ(@mlcl_holik
※アカウントは現在非公開。フォロー希望の場合は、DMで申請が必要です。

取材・文:嘉屋恭子/イラスト:いわたまい

“脱おばさん”の記事一覧はコチラ

▼関連記事

1122いい夫婦の日_鈴木おさむさんインタビュー_06鈴木おさむさんインタビュー「共働きの秘訣は相手の立場をシミュレーションすること」【1122(いい夫婦の日)】
1122(いい夫婦)の日にちなんで、芸能界きってのおしどり夫婦とも言える鈴木おさむさんと大島美幸さんお二人に、それぞれ「共働きをうまくやりくりする秘訣」をインタビューしました!鈴木おさむさんが考える共働きの秘訣とは…!
1122いい夫婦の日_大島美幸さんインタビュー_07大島美幸さんインタビュー「共働きの秘訣は顔を見ながら“ホウレンソウ”をすること」【1122(いい夫婦の日)】
1122(いい夫婦)の日にちなんで、芸能界きってのおしどり夫婦とも言える鈴木おさむさんと大島美幸さんお二人に、それぞれ「共働きをうまくやりくりする秘訣」をインタビューしました!大島美幸さんの考える共働きの秘訣とは…!