スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年09月28日

業種別の経験者が語る フードバイトのキホンがわかるQ&A


フードバイトをしてみたいけど、初めてだし不安…そんな風に思っている人に向けて、バイト経験者の先輩たちの体験談を集めました。業種別のバイトの喜びや難しさを予習しておけば、バイトするのが楽しみになって、何が起きてもこわくない!フードバイトを始める前にぜひ読んでみてくださいね。

Q,面接のときに気をつけたことは?

居酒屋

・大きな声と笑顔!
「これからの仕事のことも考えて、大きな声が出せてきちんと笑顔がつくれる、ということを伝えました。誰とでもきちんと話せる印象を与えられれば大丈夫だと思います。」

カフェ

・「働きたい!」と素直にアピール
「フードバイト未経験だったので、即戦力ではないことを自覚していました。だからこそ、働きたい意思を率直に伝えました。」

ファミレス

・事前に店舗に行った
「家族と実際に食べに行き、『私はこのメニューが好きです!』と言えるようにしました。」

ファーストフード

・「やるべきことはちゃんとやる!」をアピール!
「基本的な対人マナーが身についていることを加え、家事の手伝いや勉強をきちんとやっていることを伝えました。」

カフェ

・服装を奇抜にしない!
「面接官はこれから一緒に働く方でもあるので、真面目さと清潔感をしっかりアピール。」

Q,初出勤の日は、どんな仕事をやるの?

カフェ

・食器洗いと挨拶!
「洗い場に立って、お客さまが入ってきたときに『いらっしゃいませ』。お客さまが食器を下げてくださったときに『恐れ入ります』。これだけでしたが、挨拶って大切だと実感しました!」

ファミレス

・お客さまのご案内と料理運び
「テーブルセッティングを教わったあとにやった作業です。料理名を読み上げるのに緊張!」

居酒屋

・食べ終わった食器を下げる
「食器を下げにホールに出ると、お客さまに声をかけられることも…。そのたびに先輩を呼びに行きました。」

ファーストフード

・目玉焼きを焼く
「いきなり実戦に投入!?でも、マニュアル通りにやれば大丈夫なので、決して難しくはなかったです。」

バー

・お店の空気を肌で感じる
「お金が発生した最初の仕事です。客としてお店の空気感とお酒を満喫して、終電で帰りました。」

Q,アルバイトを始めてから、まず心がけたことは?

居酒屋

・ノートを2冊用意!
「私は仕事覚えがあまりよくなかったので…。教えてもらったときのメモ用と、見直すための清書用の2種類のノートを用意して、とにかく『書いて』仕事を覚えていきました。」

ファーストフード

・職場の仲間の名前をまず覚えること
「先輩たちを、きちんと名前で呼べるようにしました。コミュニケーションの第一歩!」

カフェ

・とにかくシフトを集中して入れる!
「スタートダッシュが肝心。たくさん仕事をすることで覚えるように努力しました。」

ファミレス

・メニュー丸暗記!
「お料理をお客さまにお持ちするときに必ず読み上げるので、覚えることにしました。シーズンメニューも多いので、なかなか大変です。」

カフェ

・まず聞く!
「わからないときは、先輩たちにすぐ聞くことを心がけました。溜め込むと、ストレスになります。」

Q,今までで一番うれしかったことって?

ファミレス

・4年間続けられたとき
「随分長いこと働いたなぁとふと思ったんです。職場の方もいい人だし、お客さまもいい人ばかり。『あっ、職場に随分恵まれていたんだ』と思えたときが一番うれしかったことです。」

居酒屋

・自分の顔をお客さまに覚えてもらったとき
「お客さまが『この間頼んだやつちょうだい』って言ってくださったり、名前で呼んでくださったりすると大満足!」

カフェ

・バイト先の外で会う友人ができた
「職場以外でも付き合える友人ができたことです。愚痴や趣味のこと、何でも話せます。」

ファーストフード

・お客さまからお褒めの電話がきた!
「名指しで褒めてもらったときは天にも昇る気持ち…。みんなの前で発表されて、ちょっと得意気。」

Q,苦手な作業ってある?

居酒屋

・お酒の知識が…
「『氷があるのがロックで、そのまま常温で飲むのがストレートなのかぁ』というほどにお酒の知識がありませんでした。日本酒のラベルはスマホで撮りまくって覚えました。」

ファーストフード

・ハンバーガーのラッピング
「丁寧かつ素早く!丁寧にやるほうが優先順位は高いので、まずそれを心がけました。」

ファミレス

・たくさんの皿を運ぶこと
「左の手首と腕まで駆使して、3枚持つ。右手は1枚だけで計4枚。まだ慣れていません。」

カフェ

・英語対応…
「外国人のお客さまのために『I will take you to the seat』など、飲食店で使える英語を少し覚えました。」

 
※本記事は2016/10/31発行のタウンワークの中面記事をもとに再構成しています。